まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
一色麻生

幅広いコンサルティングでキャリアを支援するプロ

一色麻生(いっしきまき)

Fushime塾

一色麻生プロのご紹介

心理学の知識生かし、キャリアアップを後押し(2/3)

カウンセリング中の一色麻生 プロ

悩み抜いた経験あるからこそ。細やかなコンサルティング

 一色さんは、公益法人では人事労務や採用選考などを担当していました。35歳で当時最年少の管理職となりましたが、過労からうつ病を発症。ドクターストップで4カ月間休職しました。「それでも自分は働きたいし、まだ頑張れると思っていた」と振り返ります。
 その後、復帰を果たしたものの、別の部署に異動後に受けたパワーハラスメントをきっかけに、一色さんは退職の道を選びます。転職先では、念願のカウンセラーとして本格的に活動を始めました。しかし、またしても頑張りすぎて体調を崩してしまいます。
 「周囲の期待に応えたいあまり、依頼を断れず、一人で抱え込んでいました。コミュニケーションの未熟さが招いた結果でした」
 自らの働き方そのものを変える必要があると痛感した一色さん。一念発起して独立した後は、人を分析し、理解する理論である交流分析と呼ばれる手法や、物事のとらえ方の癖を変えて問題に対処する認知行動療法など、心理学の専門知識を生かした細やかなコンサルティングを心がけています。
 「言いたいことを言えなかったもどかしさを克服したくて学び続けてきた心理学。つまずいたからこそ、アドバイスできることがたくさんあります」
 言葉と感情の関わりを分析し、ビジネスやスポーツなど幅広い分野でも活用されている心理療法のNLP(神経言語プログラム)や、ネガティブな感情を解放する「エモーションフリー」と呼ばれる新しい手法で、気持ちを楽にする講座も開催しています。

一色麻生プロのその他のコンテンツ

Share

一色麻生プロのその他のコンテンツ