マイベストプロ愛媛
一色麻生

幅広いコンサルティングでキャリアを支援するプロ

一色麻生(いっしきまき)

Fushime塾

コラム

コミュニケーションは、凹んでつまずくから、もっと上手くなろうとがんばれる

2019年4月25日

テーマ:コミュニケーション

人生は自分次第!
Fushime塾の一色麻生(マッキー)です。

時間調整のために立ち寄ったスタバで、
超絶イケメンに出会いました(笑)



アイルランドから来たというその方と、なぜか少々立ち話・・・
「まったく聞き取れないんですけどぉ~」と凹んだ15分になりました。

今日はイケメンの話しではなく、
「コミュニケーションの極意」について綴ってみようと思います。

留学先の苦い経験から学んだこと


コミュニケーションの極意は、
「分かろうとする気持ち」と
「伝えようとする気持ち」の掛け算だと考えています。

私がそう思うようになったきっかけをご紹介しますね。

大学2年生(19歳)のときに、
アメリカのサクラメントに短期留学をしていました。

当時アルバイトをしていた書店では、
数年間アメリカに住んでいた方や、
同じ大学の先輩で夏休みに短期留学をした経験のある方
、趣味が海外旅行という方などなど、
一緒に働く人もバラエティーに富んでいました。

英語が話せるようになったらカッコいいなぁ~♪
とミーハーなことを考えていた私は、
「行くチャンスがあるなら絶対行った方がいいよ!」
と勧められたことから、
うっかり短期留学プログラムの試験を受けます(笑)



筆記試験と面接試験でしたが、詳細は記憶のかなた。
唯一覚えているのは、面接試験での質問。

「アメリカで活躍している日本人は誰だと思いますか?」という問いです。

集団面接のさいごの回答者だった私は、
とっさに「黒沢明監督です」と答えました。

黒沢監督の映画をきちんと観たことはありませんでしたが(笑)
堂々と答えたはずです。

この答えが功を奏したのか、見事に短期留学の切符を手にします。

男子10名、女子10名が、ふたり一組でホームステイ。

夏休みをアメリカで過ごす訳ですから、
恋バナの数々もありましたし、イザコザもありました。

どれもこれもいい思い出ですが、私は苦い経験をします。

超・超生意気な私の大失敗!


仲間との行き違いが原因で落ち込んでいた私の様子を心配して、
ホームステイ先のジェニファーが声を掛けてくれました。

「マキ、大丈夫?」
「何かあれば相談してね」
「で、どうしたの?」

という感じ。
あ、、、もちろん英語です(笑)

ところが当時の私は、
「言わなくてもわかってよ!」という超生意気な性格だったので、
頑として話さず、結局ジェニファーとの関係もギクシャクしたままでした。

何とも後味の悪い、バツの悪さを感じた留学経験です。

でもこのことから、私はひとつのことを学びます。

「自分の思っていることを伝えないと、相手には分かってもらえない」

それって誰の都合?にさっさと気づこう


かつての私のように
「言わなくてもわかってよ!」は自分の都合です。

自分のつたない英語で、
その時の気持ちをどう表現すればいいのかわからず、
結局だんまりを決め込んだんです。

そのせいで、ホストファミリーにはかなり心配をかけました。

誰かに何かを分かってほしいと思うなら、
「自分の言葉で伝える」ことが必要です。

そして、相手が伝えようとしていることを
「分かろうとする」ことも同じくらい大切です。

そのことを19歳の私は、気づきませんでした。

だからこそ、社会人になってから
コミュニケーションの勉強をしたのだと思います。



分かろうとすると伝わる、伝えてくれる


クルーズに行く私に、
友人たちは「英語ができていいわね」と言います。

「私は英語ができないから、海外旅行は無理よ」
とも言われます。

ちなみに私、そんなにできません。

雰囲気英語が得意なんです(笑)

そう、「なんとなく伝わってる」ってことです。

それ以上に、
はじめて会う人でも友だちになるのが得意なんです(笑)

特にクルーズ船の中では、毎日友だちが増えていました。

クルーも、ゲストも、関係なく・・・です。

そうすると、
相手がこちらが分かるように話してくれるんです。

知らない人と話すより、
共通点がある人や、友だちになった人との方が一生懸命に話しませんか?

それを活用しているだけです。

相手を理解しよう、わかろうと話を聞いて、想いを伝えたいと話をする。

コミュニケーションの極意は、とても単純です。

もし、いまコミュニケーションにつまずきを感じているなら、
まずは相手の話をわかろうと聞いてみることから始めてみませんか?

5月1日から始まるオンライン講座では、
さらに盛りだくさんでお伝えしていきますね。


4月26日までキャンペーン中
https://on-line-school.jp/course/マッキー塾




今日もさいごまでお読みいただきありがとうございます!

それではどうぞ素敵な一日をお過ごしくださいね~♪
 
 
 
 

この記事を書いたプロ

一色麻生

幅広いコンサルティングでキャリアを支援するプロ

一色麻生(Fushime塾)

Share