まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
一色麻生

幅広いコンサルティングでキャリアを支援するプロ

一色麻生(いっしきまき)

Fushime塾

コラム

新年度の「忙しい」と捉え方のヒント

メンタルヘルス

2017年4月18日 / 2018年9月12日更新

4月も気づけば半分過ぎてますね。
時間が経つのが早いと感じるお年頃です(笑)

さて、年度が変わって、
私のところに寄せらせるお声に「忙しいです」という言葉があります。

普段交わされる会話でも「忙しい」という言葉はよく使いますよね。

例えば、

「最近お忙しいんですか?」
「そうなんですよ、忙しくて・・・」や、

「最近お忙しいんですか?」
「いやぁ~、忙しくないですよ。暇ですよ~」などです。

『「忙しい」は「心(りっしんべん)を亡くす」だから駄目ですよ』
なんて話も聞いたことがありますが、私はこう考えています。

「忙しい」ことで、目の前のことに集中できる。
ほかの余計な情報が入ってこず、夢中になれる。

という一面と、

「忙しい」ことで、心の余裕がなくなる。
楽しい誘いがあっても、乗り気にならない。

という一面です。

どちらを選んでも構わないし、
どちらが正解ということもない。

「忙しい」ということだけでも、捉え方は人それぞれです。

とはいえ、身体のサインは見逃さないでほしい、というのが、
カウンセラーとしての私からのお願いです。

例えば、

□ 眠れない、寝てもすぐ目が覚める

□ 食べれない、好物を前にしても食欲がわかない

□ 喋りたくない、人に会いたくない

□ 動きたくない、何をするのも億劫

□ 体が痛い(肩・背中・腰など)

そんなの普通にあるよ~って方もおられると思いますが、
それはいつもと変わらない感じなのか、
そういえば、以前とは違った感覚なのか、などにも
少し気を配ってみて欲しいのです。

それがセルフケアの第一歩。
今日からちょっとだけ気にしてみてください。

昨日の雨と風もおさまったようですね。
では、今週も元気にお過ごしくださいね。


今日の写真は弓削神社の屋根付き橋です。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
こころと体が軽くなる「エモーションフリー」のテキストが無料でダウンロードできます。
ご興味のある方は、『毎日にハッピーがあふれだす。.:*・「こころのサプリ」』メルマガからどうぞ。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

この記事を書いたプロ

一色麻生

一色麻生(いっしきまき)

一色麻生プロのその他のコンテンツ

Share

一色麻生のソーシャルメディア

facebook
Facebook

一色麻生プロのその他のコンテンツ