マイベストプロ愛媛
幸田裕司

働く人のメンタルヘルスをサポートするプロ

幸田裕司(こうだゆうじ)

一般社団法人愛媛県ネットワーク協会

コラム

もうすぐ9月・・・不登校をはじめとする相談急増に対応

2019年8月30日 公開 / 2019年9月20日更新

毎年、この時期は、「こどもたちの心理」に重点を置いた意見や見解が多く出て、新聞やテレビなどメディアでもたくさんのコメンテーターが色々な持論を発表している。

思春期を中心に、未成年の不登校や精神疾患、また重度になると自殺に関わる大きな問題なだけに、軽々しい対応をすることはできない。

本人の実情、保護者の考え、学校の対応・・・様々な要素がある中で、「一人ひとりの違い」を前提に、まずは『声を聴く』、『耳を傾ける』 と言う「当たり前の言動」を大事にしながら、一人ひとりに向き合っている。

学校生活、人間関係、課外活動、成績や進路、受験や就職  と、人それぞれに挙げればキリが無いくらいの原因や理由がある。そして、その受け止め方や処理の仕方に「ズレ」や「戸惑い」が覆いかぶさり、身動きが出来ないくらいの『不安』と言う重圧を感じていることが多い。

抜け出そうとして、藻掻けば、もがくほど、絡み込んでしまう「負の連鎖」に、相談に来る本人や保護者は振り回されて疲れている感じを受ける。「少し息抜きしよう」と気分転換に足を運んでもらえると抜け出す機会が見付けやすいと思う。

是非、お気軽にご連絡いただければと思います。

この記事を書いたプロ

幸田裕司

働く人のメンタルヘルスをサポートするプロ

幸田裕司(一般社団法人愛媛県ネットワーク協会)

Share

幸田裕司プロのコンテンツ