マイベストプロ愛媛
  1. カラーセラピーで「なんで思っていることがわかるのか?」~色は心を反映する鏡
本山千恵

色を手掛かりに人生を豊かにするプロ

本山千恵(もとやまちえ)

ここくりあ

コラム

カラーセラピーで「なんで思っていることがわかるのか?」~色は心を反映する鏡

2019年4月6日 公開 / 2019年4月11日更新

テーマ:カラーセラピー

このところ終活のお話が続いておりましたので、今回はカラーのお話です。

わたくしがご提供しているTCカラーセラピーのセッションで
お客様から、「なんで、思っていることがわかるんですか?」と聞かれることがよくあります。

その答えは「色は心の鏡だから」です。

色が心の鏡とは、どういうことか。
それは色は心を反映しているからということです。

色が、光の波長ってご存知でしたか?
TCカラーセラピーのSTEP1のテキストも、色は波長の異なる光の一部ですという文章から始まります。

波長という言葉を使うのはどんな時か?
わたくしたちはよく「あの人とは、波長が合う」とか「波長が合わない」とか
人との関係において、波長が合う、合わないということをいう場合があります。

それは、同じような感じ方だったり、なんとなくの雰囲気だったり・・・
いろいろだとは思うのですが
似ていると思うところがあると、波長が合うなと表現したりしているのですよね。

何となく氣になる人というのは、なにかしら自分との共通項がある場合が多いのではないでしょうか。(もっとも、まったく違うからこそ惹かれる場合もあるとは思いますが)

つまり色と自分の関係も同じ。

氣になる・・・というのは、波長が惹かれあっているということなのです。

色は言葉を語りません。しかし色には色彩象徴などを表すキーワードがあるのです。
そのキーワードは、色彩心理を表すものもあるのです。

氣になる色(の波長)は、その方の持っている波長と同調していると考えます。
同調してるのは、その方の心理ということになります。

ですから、その色のキーワードをお伝えすると、
「私の思っていること、なんでわかるの?」ということになるのです。

実は、カラーセラピストは、色の言葉を代弁しているので、
わかるというよりは、選ばれた色の言葉を通訳しているだけなのです。

例えばね、自分が知らない外国語で話されたら、わからないことってあるでしょ?
一生懸命理解しようと思っても、その言葉を知らなければわからないなぁで終わってしまいます。
結局、コミュニケーションが取れないまま、理解できないままということになってしまいますよね。

でも、通訳さんがいたらどうでしょう?
「あ、そんなことを言っているのね。なるほど。」と理解して、
「じゃあ、わたしはこう思うから」と、それを通訳さんに伝えて・・・とコミュニケーションが進みます。
すると、お互いにわかり合えるので、「思っていることがわかる」=伝わるということになります。

色も同じです。

赤を選びました!というだけだったら、
「ふーーん、赤ね。」とコミュニケーションが行われないまま、「はい!終わり!」ってなってしまいます。
「赤にはこんなキーワードあるよ」とお伝えすることで、
「そうか、それはね・・・」とコミュニケーションができるようになると
自分が選んだ色は自分の心を反映してくれていることに氣がつくのです。

「見透かされるから怖い」と思っていた方はご安心くださいね。
見透かされると思うほどにわかるとしたら、それはセラピストがちょっとしたきっかけとなる言葉を聞き逃さなかったということです。
話してくださる中でヒントがあるから質問へと発展するのです。
お客様自身がお話をしてくださる中で、ご自身の思いや考えがどんどん整理されていくの「あ、そうだ!」と思うことに繋がるのです。

けっして見えない力で見透かしたわけでも、スピリチュアルな力で言い当てたわけでもないのです。

カラーは心理を反映するのです。
だから、自分が今どんな状態か、知りたいときは「どんな色が氣になっているのか。」自分に問いかけてみてください。
色のキーワードは本などにも書いてありますから、氣になっている色がある方は、特に氣になったキーワードに着目してみましょう。
そのキーワードをどう感じたのか、何を思ったのか。それをきっかけにして、氣づいたことがあれば、その自分の心に寄り添ってみてくださいね。

わたくしのご提供しているカラーの講座を少しだけご紹介いたしますと、
TCカラーセラピーでは、14本のボトルを使うカラーセラピーをする方法を学びます。
ほかの方にセラピーをしてさし上げるために学ぶ方が多いのですが、中には自分のために学ぶという方もいらっしゃいます。

このカラーボトルは、セルフセラピー(自分のために行うセラピー)として活用できるので、自分が自分を癒すという風に使うことができるのです。

ボトルをみているだけでも癒されるので、時折、ボトルだけ欲しいがゆえに講座を受講しにきました!という方もいらっしゃいます(笑)
受講動機はさまざまでも、講座を受講した後には「勉強できてよかった!」とおっしゃってくださる方が多いので、わたくしも毎回お伝えする喜びがあるのです。

TCカラーボトルとミニボトルを窓辺で撮影していただきました。この写真は、お気に入りの1枚です。

この記事を書いたプロ

本山千恵

色を手掛かりに人生を豊かにするプロ

本山千恵(ここくりあ)

Share
関連するコラム

本山千恵プロのコンテンツ