まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
奥島直道

多様な質問に対応できる法律のプロ

奥島直道(おくしまなおみち)

弁護士法人伊予

コラム

大渕愛子弁護士の懲戒

2016年8月4日

 大渕弁護士は、法律扶助の報酬では実入りが少ないので、顧問料という形で別に報酬を取るようにしていたようです。
これは、法律扶助の報酬が少ないことを知っていてされたとしか思えず。法律扶助のことを知らなかったというのは、信じがたいことです。
 養育費の請求を依頼する人に対して顧問契約をする必要があったとは思えません。
 養育費の請求を依頼する人はかなり生活に困っているはずです。そのような人を目の前で見ながら、不当に多額の報酬を得ようという考えが、弁護士として恥ずかしいことです。
 
 恥ずかしながら、私も弁護士一年生の時は法律扶助のことをよく知りませんでした。私の頃は、法律扶助は今ほど使われていませんでした。
 知らないので、私も依頼者と報酬の約束をしました。
 そして事件が解決して報酬をもらう際、担当であった東京の法律扶助協会から電話があり、「報酬を約束されているようですが、それでいいのですか。」と確認され、「今後はしないようにしてください。」。と言われました。
 私はよくわからないまま、「はい」と応えました。
 
その時、約束に基づいて受け取った報酬は200万円でした。
その後半年ぐらいして、法律扶助協会の低い基準でも、500万円ぐらいの報酬がなったことを知りました。
かなり低い報酬の約束をしていたようで、法律扶助協会から「それでいいのですか」と言われた意味が初めてわかりました。
弁護士一年生時代の、大きな失敗でした。

この記事を書いたプロ

奥島直道

奥島直道(おくしまなおみち)

奥島直道プロのその他のコンテンツ

Share

奥島直道プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0896-28-8306

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

奥島直道

弁護士法人伊予

担当奥島直道(おくしまなおみち)

地図・アクセス

奥島直道プロのその他のコンテンツ