まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
兵頭栄次

あなたと不動産の健康を守る土地家屋調査のプロ

兵頭栄次(ひょうどうえいじ)

兵頭栄次土地家屋調査士事務所

お電話での
お問い合わせ
0895-58-2133

コラム

となりのビルはどうなっていますか?

風水

2017年7月6日



今回は、ご自宅やオフィスで
マンションやビルの不動産物件を選ぶときの
風水的な注意点についてご紹介します。


それは、となりのビルの屋上と
同じ高さのフロアは避ける
ということです。


これだけでは、意味不明ですので
テキストで具体例を図示します。


━━━┓
   ┃
   ┃
ここ ┃ ┏━━━━━┓
   ┃ ┃
   ┃ ┃となりのビル
   ┃ ┃


これはビルを横から見た図です。


左の高いビルに入居する場合
右の低いビルの屋上と同じ高さのフロア
「ここ」と書いているフロアは
風水的にはよくないと伝えられています。


それは、このフロアには
となりの屋上からの強い流れの突進や
風の流れがぶつかるためです。


これは、以前お伝えした
風がビルとビルの間のすきまを抜けて
向かいのビルにぶつかる
凹風さつ(おうふうさつ)と同じ意味です。


また、このフロアから向かいのビルを見た場合
ビルが見える部分と空が見える部分で
極端に景観が異なることとなります。


このような極端な景観の差は
一般的にも美しいとは言えませんし
風水でもよくないと伝えられています。


よって、可能であれば同じビルでも
もっと上層の階か、下層の階を選ぶことで
その影響を簡単に回避することが可能です。



ということで今回は、
マンションやオフィスビルを選ぶ場合の
風水的な注意点をご紹介しました。


となりのビルと同じ高さとなっている
フロアを選ぶべきではありません。


これは、知っていれば
簡単に回避できる風水的な注意点です。



参考にしていただければ、さいわいです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

わたしは「小さな会社の売上げを伸ばす不思議な方法」
と題した、風水的視点を取り入れた
無料メールマガジンを毎週木曜日に配信しています。

もし不要であれば簡単に登録解除可能です。
下記URLより、お気軽に購読をお願いいたします。

https://goo.gl/xhn4T2

この記事を書いたプロ

兵頭栄次

兵頭栄次(ひょうどうえいじ)

兵頭栄次プロのその他のコンテンツ

Share

兵頭栄次プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0895-58-2133

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

兵頭栄次

兵頭栄次土地家屋調査士事務所

担当兵頭栄次(ひょうどうえいじ)

地図・アクセス

兵頭栄次のソーシャルメディア

facebook
facebook

兵頭栄次プロのその他のコンテンツ