まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
西島克也

浦安市で活躍する「ホームドクター」のような弁護士

西島克也(にしじまかつや)

東京湾岸法律事務所

西島克也プロのご紹介

浦安市(新浦安/舞浜地区)で活躍する「ホームドクター」のような弁護士(2/3)

東京湾岸法律事務所 西島克也さん 執務風景1

弁護士のサポートで、難しい交渉がスムーズに

 「新浦安駅」周辺で唯一の法律事務所である西島さんのオフィスには、開業以来、近隣のお客さまが次々と相談に訪れています。「最近目立つのは、自動車保険の弁護士費用特約を利用した交通事故のご相談です。年額2000円程度で、損害保険会社が弁護士費用を負担してくれるので、ご利用される方が増えているようです。お客さまご自身で交渉した場合には、保険会社は自社の基準で損害補償額を提示してくるのですが、その額は、裁判所の基準で算出するより低い。弁護士が間に入った場合には、裁判所の基準に基づいて交渉するので、損害賠償額が増えるケースがほとんどです」

 離婚の相談では、まず、調停を申し立てることを勧めています。「協議離婚の場合、たとえ夫婦間で契約書を交わしたとしても、後になって、慰謝料や養育費で揉めることが多いからです」。調停を申し立てた後は、家庭裁判所に赴いて、調停委員の前で話をすることになるのですが、緊張のあまり、言いたいことを言えない方も少なくありません。また、調停委員の中にも、上手に話をまとめてくれる方もいれば、片方の主張ばかり聴く方もいるので、こちら側の主張がスムーズに伝わるとは限りません。「弁護士に依頼するメリットは、(1)預金通帳や診断書などの証拠を示しながら、感情的になりがちな話の流れを修正できること、(2)お客様の意向に沿った申立書を作成し、事前に裁判所に提出しておくことで、こちら側が主張したい内容を、裁判官や調停委員に理解してもらえることです。裁判所は書面を重視する傾向が強いので、事前に申立書を提出しておくと説得力が高まるのです」

西島克也プロのその他のコンテンツ

Share

西島克也プロのその他のコンテンツ