まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
髙戸義和

不動産購入・売却、投資まで頼れるコンサルタント

髙戸義和(たかどよしかず)

ホームデザイナーズ有限会社

コラム

2017年 総評

あれこれ

2017年12月26日 / 2018年2月20日更新

2017年 総評

今年一年、皆様にとってはどんな一年でしょうか?

まずは、今年一年の日本の出来事を振り返ってみたいと思います。
プレミアムフライデーの導入や「いざなぎ超え」の景気回復公算、NYダウ史上最高価格更新、日経平均株価2万円超え等、表面上、経済は回復基調を感じます。
実質は肌感ではじんわり感じるといったところでしょうか。

反面、東芝の巨額損失やタカタの民事再生等 大手といわれる会社の経済損失・日産、スバルの無資格検査、神戸製鋼のデータ改ざん等 経済界では後ろ暗いニュースも多い年でした。

不動産業界では、とん挫したようですが、日本郵政による野村不動産買収等 不動産業界は今後の動向を見越して激動の時代を迎えています。

さて、不動産の現状をお話しします。
土地価格は千葉では横ばいといえます。上昇が顕著な地域は勿論ありますが、全体としては横ばいです。
2020年まで上昇という傾向も見えましたが、下がり始めている地域もありますので土地価格の急騰は商業系地域を除いては来年も可能性は低いといえます。

建売価格も横ばいといえます。
パワービルダーの動向には注意が必要ですが、各社担当者のヒアリングでは価格面での影響は当面はなさそうです。
ただ、利益率が低い会社内では価格の交渉幅を下げるといった方針に今後変えていくそうです。

注文住宅、新築マンションは高騰しています。
「建築費 高い」や「新築マンション 高い」などで検索すると色々な情報が出てきます。要するに建築費価格の高騰と景気回復の先読み予測、消費税増税などと絡め割高感がある価格となっています。

中古マンションはやや高騰しています。
新築マンションの高騰を受け、良質在庫の減少に伴い新規売却物件は高めの価格で売り出される傾向があります。

●●●これから買う方●●●
新築建売をご検討される方は、選べるバリエーションも多く、買いやすい環境が整っています。
マイホームを買う時のおすすめは10年後をイメージして買う事ですが、先を見越しても資産価値の維持、建物の利用のフレキシブル性踏まえ安心できる要素が多いです。
税制も、住宅ローン控除、住まい給付金、登録免許税、固定資産税、不動産取得税等の各種軽減措置もフルで活用できます。
駅からの距離や周辺環境、マーケットを理解すれば底堅いお買い物となります。

新築マンションを検討される方は、一考ください。
不動産は「住まうもの」と「資産」双方の側面を持つ物です。なので固定資産税を払うわけです。
資産の側面を強調すれば、投資の側面もあります。投資の鉄則は「安い時に買って高い時に売る」です。
株もそうですが、高値で購入すれば上げ幅の期待度も低く下落の可能性も高くなるわけです。
価格高騰要因が減価償却しない土地価格よりも、減価償却する建物価格に比重があるのも問題の一つです。

中古マンションを検討される方は、将来的なライフプランと併せて、先のリセールバリュー双方で満足できるものを探すのが少し苦労するかもしれません。
お悩みの方は弊社のコンサルティングをご利用ください。

土地から注文住宅をご検討の方は、自由度が高いので土地選びから建物プロデュースまで広範なサポートが必要です。
また、建物完成までの計画実行が必要ですのでお早めにご相談ください。

●●●これから売る方●●●
戸建てを売却される方は、ライバルとなる新築価格が安く感じますので、早期売却は価格で差をつけたいところですが利益が減少しますので、売却後の資金計画が大切です。

マンションを売却される方は、競合物件が割高感がありますので、適正価格での売却に期待が持てます。周りに合わせて高めに売る場合も期間を見ていただけるようであればチャンスは多くあります。

マンション、戸建てともに言えることですが、可能であれば空室で売却できる環境があると価格面、販売活動面で非常にアドバンテージがとれます。

土地を売却される方は、供給過剰でない限り適正価格、適正期間での売却が望める時期です。


●●●個人的な来年の不動産予想●●●
各種別とも、価格については横ばいからやや上昇傾向でしょう。
注意すべきは消費税増税です。再来年増税予定ですので駆け込みを見越して来年末当たりは価格上昇に注意が必要です。
金利や税制は日銀の動向を鑑みるに来年以降も継続の模様です。
在庫は今年と比較すると減少傾向が続くと思います。
4月の就学や転勤に伴う繁忙期は1~3月、1年間で最も不動産が動く時期です。
買う方、売る方もこの時期早めのアプローチが吉といえます。
ただし、地政学リスクとして北朝鮮問題等のリスクも内在しております。
株等と異なり、価格変動は遅い不動産ですが、景気動向と併せて注意するポイントの一つです。


●●●弊社の今年一年と来年●●●
今年も多数のご縁をいただきました。
皆様に心より御礼申し上げます。
引き続き良質なサービスをコンサルタントとして提供してまいりたい所存でござます。
個人としては風水アドバイザーを取得しました。
ネットの運勢占いのような風水ではなく、法学、地政学、不動産学と融合した新しい風水研究を続けております。
来年は競売取扱主任者や建築士関連等も目指すかもしれません。努力は一生続けてお客様にサービスとして還元していきたいと思います。

リフォーム・リノベーションブランド 「レ・ビジュ」を立ち上げました。
http://www.homedesigners.jp/aquarium.html

鎌ヶ谷で中古戸建販売中です。
http://www.homedesigners.jp/kamagayacity_michinobechuo/index.html

稲毛海岸で中古マンション販売中です。
https://www.athome.co.jp/mansion/6964697334/?DOWN=8&SEARCHDIV=2&sref=member

来年3月、ヒルグレイス津田沼販売予定です。
快速津田沼駅 徒歩12分 107.72㎡ 1階角部屋 平成24年リノベーション済み 
https://goo.gl/maps/NCATAKQGoPM2


今年一年は皆様に大変お世話になりました。
来年もスタッフ、パートナー企業ともにサポートさせていただければ幸甚です。
良いお年をお迎えください。

チバスモホームページ
http://www.homedesigners.jp/

うるるん ホームページ
http://www.chibasumo-baikyaku.jp/

この記事を書いたプロ

髙戸義和

髙戸義和(たかどよしかず)

髙戸義和プロのその他のコンテンツ

Share