まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
髙戸義和

不動産購入・売却、投資まで頼れるコンサルタント

髙戸義和(たかどよしかず)

ホームデザイナーズ有限会社

コラム

独断と偏見で選ぶ!マイベストプロが選ぶ千葉の読み方が分からない地名!第5位

地域

2017年9月20日 / 2018年2月20日更新

独断と偏見で選ぶ!マイベストプロが選ぶ千葉の読み方が分からない地名!第5位

はい、独断と偏見で選ぶシリーズ第二弾です。
次は読み方が分からない地名です。

千葉に限らず、???となる地名ってありますよね。
私も初めて読んだときは分からないで恥をかいたり、必死で調べたりした記憶がある地名をピックアップしてまいります。

さて、第5位は、十余二です。
柏に住んでいる方はご存知でしょうね。

正解は「とよふた」です。

普通に読むと「じゅうよに?」みたいな方が多いのではないでしょうか?
二を ふた と読むイレギュラー感からランクインです。

さて、同じ柏市に「豊四季」もありますね。
こちらは「とよしき」ですが、何となく響きが近いですよね?

実は漢字の書きは全く異なりますが連番なんです。

豊四季は「4」、十余二は「12」。連番は13まで続きます。
江戸時代から牧場だったこのあたりの開墾の順番で、
初富(はつとみ)、二和(ふたわ)、三咲(みさき)、豊四季(とよしき)、五香(ごこう)、六実(むつみ)、七栄(ななえ)、八街(やちまた)、九美上(くみあげ)、十倉(とくら)、十余一(とよいち)、十余二(とよふた)、十余三(とよみ)
と地名が付けられています。

柏市HPより
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/280400/p020550.html

鎌ヶ谷、船橋、柏、松戸、冨里、八街、香取、成田等、千葉北部は今もどこかのんびりしている雰囲気ですが、歴史と併せて現在を見ると、新しい発見があるものです。
連番の13のうち、九美上もランクインさせたいところですが、「くみあげ」は読みにそこまでのイレギュラー感がないのと、ここで使ったのでランクインしません。

地名は、人の名前と同様、その土地柄を表すものです。
今回のテーマは「温故知新」です。読みづらい地名とともに千葉の歴史にも触れていく。そんなテーマです。

このコラムで千葉の歴史にも触れて、千葉の魅力を堪能してください。


チバスモホームページ
http://www.homedesigners.jp/

うるるん ホームページ
http://www.chibasumo-baikyaku.jp/

この記事を書いたプロ

髙戸義和

髙戸義和(たかどよしかず)

髙戸義和プロのその他のコンテンツ

Share