まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
髙戸義和

不動産購入・売却、投資まで頼れるコンサルタント

髙戸義和(たかどよしかず)

ホームデザイナーズ有限会社

コラム

土地家屋調査士とはどんな資格ですか?

資格

2016年2月23日 / 2018年2月20日更新

「土地家屋調査士とはどんな資格ですか?」

不動産関連資格のお話です。
土地家屋調査士。

土地=地面 家屋=家 を調査する人。
分かりやすく言うとこの理解なのですが、名称と実際のお仕事とは少々かい離があります。
上の説明だと、どちらかというとホームインスペクターの方が当てはまる感があります。

お仕事の内容は表示の登記に関することや、境界争いの紛争予防や解決などがメインのお仕事です。
表示の登記というのは、建物の出生届けみたいなものです。
新築を購入された方はちらっと眼にしたことがあるかと思います。実際合わないでされるお仕事が多いので印象に残らない、
少し寂しい専門家です。

それなにりに安定的な受注があるので、資格としては有用です。コンサルタントとしては、取得は後回しになりがちです。
測量士や測量士補などからのステップアップで土地家屋調査士を目指すのが王道です。
試験の科目が測量関連資格の取得で免除されます。

弊社では、例えばインカム住宅やアパート建築、注文住宅の建築のご相談で境界に争いがありそうだったり、不明瞭だったりした場合に確定測量をお勧めするときに頼りにします。

勿論、もっていれば建物診断やリフォーム、境界についての専門診断をするにあたっては大変心強い資格ではあります。
私も3年後くらいに目指したい資格です。

ただ、しつこいようですが持っているだけでは資格は活きません。取得の順序で優先度もあります。
これは一通りの資格を取得した後に道案内できればと思います。私もまだまだ成長をしなければなりません。
目指す頂きは遥か向こう。成長の足を止めずに顧客へのサービスを追及します。

チバスモホームページ
http://www.homedesigners.jp/

うるるん ホームページ
http://www.chibasumo-baikyaku.jp/

この記事を書いたプロ

髙戸義和

髙戸義和(たかどよしかず)

髙戸義和プロのその他のコンテンツ

Share