まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
明石久美

窓口1つで老後、葬儀、相続・死後整理をサポートするFP

明石久美(あかしひさみ)

明石シニアコンサルティング

明石久美プロのご紹介

窓口1つで老後対策、葬儀準備、相続手続を無駄なく、分かりやすくサポート(1/3)

老後、葬儀、相続・死後整理を窓口1つでサポートするファイナンシャルプランナー 明石久美さん

不安の無い老後のため、残される家族のために確かな相談相手を

 「終活」という言葉が生まれ、人生のエンディングや葬儀に関する話がタブーではなくなってきた今、生前の老い支度から、分かりにくい葬儀や死後の相続のことまで専門家に相談したいというニーズが高まっています。そこで、ファイナンシャルプランナー(FP)、葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザーなどの資格を持つ明石シニアコンサルティング代表の明石久美さんに、老後対策、葬儀準備、相続手続を1つの窓口でサポートする独自のサービスについて伺いました。

 例えば「エンディングノート」。万一のことに備えて自身の希望を書き留めておくもので、法的拘束力が無く、書きたいことを書ける半面、トラブルも少なくないそうです。「自分の葬儀の祭壇は質素にとノートに残したとして、“質素”の基準は人それぞれ。親族間のもめごとの一因になりかねません。曖昧な言葉を残すよりも、見積や写真などを残しておいたほうが基準が明確になります」と明石さんは話します。葬儀のこと以外でも、書かないほうがよいこと、書いておいたほうがよいこと、形にしておかなければならないものなど、後々トラブルにならないよう気をつけなければならないこともあります。

 明石さんは、葬儀の親族間トラブルが相続まで尾を引くケースも多く見てきたそうです。「その原因をたどると、何も準備していないこともあれば、中途半端な準備が引き起こすこともあります」。不安の無い老後を過ごすために、残された家族が困らないように、老後の準備、葬儀、相続に関するきちんとした知識を持ち、必要な情報を選ぶことが欠かせないというわけです。そこで専門家の出番ですが、生前対策、葬儀、相続手続それぞれの専門家を探して相談すると、手間も費用もかかります。しかし、明石さんはFPとして相続の問題に携わり、もともと葬儀の事情、動向を知り尽しています。司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士と「これから相続コンサルネット」を立ち上げ、そのネットワークも活かして、1つの窓口で老後対策、葬儀準備、相続手続をサポートするサービスは、相談者にとって安心で便利と言えるでしょう。

明石久美プロのその他のコンテンツ

Share