まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
明石久美

窓口1つで老後、葬儀、相続・死後整理をサポートするFP

明石久美(あかしひさみ)

明石シニアコンサルティング

コラム

認知症になる前に知りたい成年後見制度セミナー|千葉県市川市

旭化成ホームズさん主催で、“認知症になる前に知りたい「成年後見制度」セミナー”を千葉県市川市で行ってきました(2015年1月24日)。

何回か依頼をいただいている中で、このテーマは始めて。老い支度&終活、保険と相続、遺言書などに続いてのテーマです。

認知症になる予定はなくても、認知症になってしまうこともあります。
そのときに困るのは、本人のみならず家族も同様です。

自分でできないことが多くなれば、それだけ誰かに頼らなければなりません。
ところが、頼られた側としても、身内だからといって何でも本人の変わりに行うことはできません。特に法律関係がそうです。

預貯金の引き出しや誰かと契約するなどは、身内だからといって勝手に行えるものではありません。
そのようなときに、成年後見制度を利用して、本人の代理人(後見人など)というお墨付きをもらって、代理人として行えるようにしてもらうのです。

しかしこの制度、メリットだけではなくデメリットも多くあるのが現状です。
例えば、後見人の仕事は「法律行為」を行うのですが、後見人というだけでなんでも押し付けられてしまうこともあります。
また、大変になったからやっぱり他の人に代わって欲しいと思っても、本人の財産を動かしたいと思っても、思うように行うことはできません。

認知症になるかどうかは分かりませんが、認知症になってしまったときに利用するかもしれない成年後見制度を事前に知っておき、注意点から今後のためにできる対策をどうするのか、自分や家族が困らないように何をしておくべきかなど、今から考えておくこともできます。

今回は、家族がかかえる問題点に触れながら、成年後見制度のメリットやデメリット、利用するときの注意点などについて、主にお話してきました。


ファイナンシャルプランナー 明石久美
雑誌・新聞等メディア掲載実績、出版、執筆はこちら

セミナー講演の様子はこちら
アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら

セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  
 ・老後準備や相続対策、エンディングノート、遺言書、成年後見、相続手続き、葬儀、お墓などの、相続・老い支度・終活セミナーを、企業等のお客様向け、社員研修として、全国で行っております。

◆明石シニアコンサルティング ホームページ「 終活・相続・老い支度相談所
◆理事長を行っている相続専門家チーム「 これから相続コンサルネット
◆代表理事を行っている一般社団法人しあわせらいふ協会
 

この記事を書いたプロ

明石久美

明石久美(あかしひさみ)

明石久美プロのその他のコンテンツ

Share