まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
明石久美

窓口1つで老後、葬儀、相続・死後整理をサポートするFP

明石久美(あかしひさみ)

明石シニアコンサルティング

コラム

遺言書の有無と遺言種類でこんなに違う相続手続きの「概要・ポイント・目次」

セミナー・研修のテーマと概要

2012年1月1日 / 2013年1月24日更新

遺言書の有無と遺言種類でこんなに違う相続手続き
 (90~120分程度)                          【分類:老い支度、遺言書、相続】

遺言書がある場合とない場合では、相続手続きの大変さが異なります。
遺言書があっても、どのような遺言書で作成したかによってもその後の手続きが違います。
そもそも遺言書を書く必要があるのか、あるとしたらどのような点を注意して書いたらよいのか、作成する遺言種類で家族がどのような思いをするのかなどを知り、そのうえで遺言書作成について考えておくのが望ましいのです

<ポイント>
 ・遺言書を準備するメリットを知っておく
 ・遺言書がある場合、ない場合でどう違うか
 ・遺言書を作成するときの注意点を知っておく

<目次>
 1.なぜ遺言書を作成した方がよいのか
 2.遺言書作成の準備をするメリット
 3.遺言書があるのが望ましい人
 4.遺言書の種類
 5.遺言の有無とメリット・デメリット
 6.遺言書作成の注意点
 7.まとめ

=============================================================================
セミナー講演の様子はこちら→ http://www.senior-consul.jp/category/1419626.html

そのほか、次のセミナーも行っております。
詳しくは、セミナー・講演のご案内へ→ http://www.senior-consul.jp/category/1420530.html
●老後準備やエンディングノート作成など老い支度セミナー
●遺言書セミナー
●成年後見セミナー
●相続セミナー
●葬儀・お墓など終活セミナー
●生命保険セミナー
●悪質商法の手口と対策セミナー

シニア向けの講演のみならず、40歳代・50歳代への「親対策」や「未成年の子をもつ自分対策」のほか、営業社員等への研修・情報提供も行っております。

ホームページ「終活・葬儀・老い支度相談所」http://www.senior-consul.jp
相続専門家団体「これから相続コンサルネット」http://www.korekarasouzoku.com

この記事を書いたプロ

明石久美

明石久美(あかしひさみ)

明石久美プロのその他のコンテンツ

Share