マイベストプロ千葉
石垣友規人

勉強嫌いの子を前向きにする学習アドバイザー

石垣友規人(いしがきゆきひと) / 学習アドバイザー

プリモ個別指導塾

コラム

これをやってはいけない!親が気をつけたい子どもへの接し方

2019年10月9日

テーマ:教育

コラムカテゴリ:スクール



 教育においてアクティブラーニングという子どもが主体性をもって学んでいくスタイルが来年度から公教育にも採用されることから、今必要とされている人材は、上司の命令や指示に忠実に従う者よりも、直面した課題や目標をどう解決・達成していくか、独自の発想やアイデアを発信し、行動できる人間です。

ではどうやって主体的・能動的な子どもを育てていけばよいのでしょう。

勉強のできる・できないは子どもの主体性で決まる

 私が主宰する塾では、当日学習する内容を全て子どもたちに決めさせています。参考になる学習範囲は指示するものの、あとは全てそれぞれの子ども次第です。授業前に必ず1,2分程度、それぞれの子どもと話しをして、自分がその日どこを学習するのか子ども自身が決め授業に向かうのです。終了時にも話しをして、宿題を課す、課さないも子どもの考えに任せています。

 以前は塾側から学習範囲・内容を指示していたのですが、子どもたちを観察していると興味深い事がわかったのです。

 勉強ができる子からは、
「今日は、ここをやりたい。」
「前回やったところが良くわからなかったからもう一度やりたい。」
という声が聞かれ、

勉強ができない子からは
「今日は科目なんだっけ?」
「どこをやればいいの?」
という声ばかり。

 親や先生から言われた事だけをこなしていく子よりも、主体的・能動的に動いている子の方が結果も優れているということが言えます。

 この違いは子どもを取り巻く環境にあると考えています。家庭や学校で、「早く勉強しなさい」や「◯◯をやりなさい」というような指示を与えられ続け、それをやれば褒められ、やらなければ怒られる。

このような環境に長い間置かれた子どもは『指示待ち人間』になってしまうのです。

子どもが、
「勉強しろ、ってどこをすればいいの?」
と聴いてきたり、
問題集の問題に直面して、3秒もたたないうちに
「わからない。」
と言ったりしているようなら要注意です。

親が自分の行動・言動を見つめ直す

 子どもを「指示待ち人間」にさせないためには、まず親が自分の行動を見直してみましょう。あなたがお子さんの勉強について常に怒っていたり、子どもの勉強について細かに指示をすることが日常になってしまっていたとしたら、それらの行動がお子さんを思っての行動であったとしても、「指示待ち人間」を作り出しているだけにすぎません。

子どもは親の「支配下」ではうまく育たない

 主体的・能動的な子どもに育てるには、子どもに自分で考えさせ、その通りに行動させてみることです。親が叱ったり、指示を細かく出してしまうような「支配」される環境が続くと、子どもは「受け身」の状態となり、自分を支配する人間の指示を待つだけになってしまったり、怒られなければやらないようになってしまいます。

 親はあくまでサポート役に徹することがポイントです。親から見て、最初はしびれを切らしてしまうでしょうが、少しずつヒントを与えながら、子どもに委ねていくのです。
 但し、親はただ任せるのではなく自分が考えたことを実行できなかった時、失敗してしまった時、なぜできなかったのか、子ども本人に考えさせ、その改善策も本人に考えさせます。そしてまたそれを実行できているかをチェック・フォローしていく。これこそ親がしなければならないサポートです。

子どもは自分の努力を実感できるようになる

このような環境を子どもに与えて、良い結果や成果が表れた時、間違いなく子どもに変化が訪れるはずです。自分が主体となって行った学習が実を結んだのですから…。
この成功体験が、子どもの勉強に対するモチベーションを上げ、自発的に考え、勉強する子を育て、創造性に富んだ子を育てる道筋になるはずです。

楽しく学んで成績アップ!
プリモ個別指導塾のご紹介はコチラ
プリモ個別指導塾公式ブログ|教室の雰囲気を知りたい方はコチラ

この記事を書いたプロ

石垣友規人

勉強嫌いの子を前向きにする学習アドバイザー

石垣友規人(プリモ個別指導塾)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

石垣友規人プロのコンテンツ