まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
堀籠芳明

勉強がおもしろくなる!成績UPサイクルに導く塾講師

堀籠芳明(ほりごめよしあき)

完全オーダーメイド指導 宮本塾

お電話での
お問い合わせ
090-1055-3819

コラム

千葉県公立前期入試 解法の極意(英語 第7問 設問3)

高校受験生

2018年2月6日 / 2018年3月20日更新

第7問 設問2



いよいよ第7問対策もラストになりました。設問3のお話になります。



ここでは、大抵ポスターやグラフなどが用いられます。ですので私は第7問の設問3を「ポスター問題」と呼んでいます。
設問3も①と②に分かれて出題される傾向にあります。

①の形式は様々で、英語での質問に対する正しい答えを選択肢から選んだり、設問に書かれた英文に(   )があり、そこに入る単語を書き抜いたり考えたりする問題と色々です。ただし、ここも質問文をまずはしっかりと読み、本文から探してくるという本質的な解き方は変わりません。どんな問われ方をしたとしても、「本文 <<< 質問文」を意識し、正解を導くという姿勢を大事にすれば対応できるものになっています。

②の形式はほとんどの場合が内容正誤問題になります。しかし、第7問設問2に多い日本語による四肢択一ではなく、英文の選択肢で問われることが多いというのが特徴になります。
ここでも選択肢の英文をまずはしっかりと訳すという基本は変わりません。そしてこの手の問題は訳した英文が正しいかどうかを本文から一つずつ確かめに行くというのが定石になります。設問2の日本文による内容正誤問題のようにまずは選択肢からどれが正しいかある程度絞るという方法を採っても良いのですが、すべての選択肢を覚えておくのはそれだけで頭が疲れてしまうので、ここでは一つずつ選択肢を調べていく方が賢明かと考えられます。しかし、その中でもポイントはあります。
それは、

“選択肢は、エ→ウ→イ→アの順番に見ていく”

というものです。
なぜだと思いますか?恐らく受験生のほとんどの人は選択肢のアから見ていくと思います。これはアが選択肢の一番上にあるからで、人間の本能上当たり前のことです。しかし、出題者側の気持ちになってみましょう。仮に正解の選択肢がアであった場合、多くの受験生はアの選択肢が正しいかどうか本文を探しに行きますから、ここで正解だとわかってしまうと、せっかく苦労して作ったイとウとエの選択肢を見られずに終わってしまう可能性があります。これは少し寂しいですよね。

また、英語の試験は時間勝負だということも忘れてはなりません。ということは、出題者側は受験生にできるだけ時間をかけさせて、その中でも時間内にしっかりと解き終えてくる受験生を合格させたいのです。
このような出題者側の心理を考えると、必然的に答えは選択肢の後半のウかエになりやすいのです。もちろん、絶対にそうだとは言い切りません。アやイが正解のときももちろんあります。私が問題を作成するときは、裏をかいてイの選択肢を正解にするように問題を作るかもしれません(心理的にアを正解にするのは、やはりちょっと嫌です(笑))。
ですので、あくまでも確率の問題だと思ってください。正確な確率は出せていませんが、私の感覚的に、エが35%、ウが35%、イが20%、アが10%くらいになっていると思われます。つまりエから探していくと、多くの人よりも正解を見つけられる確率が高いことが言えるのです。

社会でもグラフの読み取り問題がありますが、これも同じ要領で解くことをお勧めします。年度によっては4問あるグラフ問題のうち、4問ともウだったときもありました。(笑)
一生に一度の試験ですので、他の選択肢もしっかりと確認する必要はありますが、人よりも早く“正解っぽい”ものを見つけられるのはそれだけで大きなアドバンテージです。

これで3つの設問ごとに説明してきた第7問対策も終わりです。
次は第8問に行きたいと思います。

頑張れ、受験生!!


《宮本塾ホームページ》

宮本塾の紹介動画も公開中!!ハイブリッド講座も新規開設!!
ぜひホームページもご覧ください!
 宮本塾ホームページへ


《おすすめコラム》
・勉強のモチベーションをMAXにする「RPG勉強法」!!
「記述問題」はどう採点されているか知っていますか?
・先生が困る質問の仕方は「これ」だ!!
「合格最低点」には罠がある!?
・小学生に「ゼロで割ってはいけないこと」を説明できますか?
・テスト直前!?「暗記」を教えます!!
「自己採点のやり方」で頭の良し悪しがわかる!?
「受験という制度がある意味」を知っていますか?
「勝負事の必勝法」があるんです!!
「Teaching others」がすごい!!
・あなたの勉強は「効果のある勉強法」ですか?

この他にも多数のコラムを公開中!
 コラム一覧へ

この記事を書いたプロ

堀籠芳明

堀籠芳明(ほりごめよしあき)

堀籠芳明プロのその他のコンテンツ

Share

堀籠芳明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-1055-3819

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堀籠芳明

完全オーダーメイド指導 宮本塾

担当堀籠芳明(ほりごめよしあき)

地図・アクセス

堀籠芳明プロのその他のコンテンツ