まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
堀籠芳明

勉強がおもしろくなる!成績UPサイクルに導く塾講師

堀籠芳明(ほりごめよしあき)

完全オーダーメイド指導 宮本塾

お電話での
お問い合わせ
090-1055-3819

コラム

YouTubeの危険性

中学生・高校生

2017年3月10日 / 2017年4月6日更新

YouTubeってとても便利ですね。私が中学生や高校生の時にはなかったものですが、今では観たいものを観たい時に観たい場所で観られる時代になりました。私も好きな動画を観るときにはYouTubeによくお世話になっています。ですので、YouTubeそのものを否定するつもりはありません。しかし物心ついた時にはすでにYouTubeが身近にあった今の子どもたちのYouTubeに対する向き合い方に、最近私は危機感を覚えるのです。





テレビっ子とTubeっ子


私が子どもの頃の娯楽はテレビでした。学校から帰ってきて、夕ご飯を食べながら家族でテレビを見る。それが動画視聴を楽しむ唯一つの方法でした。リビングにはテレビは一つしかありませんでしたから、父がゴルフ番組を観たいとなればそれに全然興味がない私もそれを観なければなりませんでしたし、母が韓流ドラマを観たいとなればそれを意味も分からず眺めていなければなりませんでした。たとえ同じ時間帯に私が観たいテレビ番組があったとしても、私は父や母の方を優先しなければならず、泣く泣く観たい番組をあきらめたこともよくありました。もちろん録画をして、後で観ようということもありましたが、そこまでして観ようと思うものも少なく歯痒い思いをしたりもしました。

それに対して今の子どもたちはどうでしょうか。もちろん家族で一緒に同じテレビ番組を観ながら夕食をとる子どもたちは未だに主流だとは思いますし、両親に番組を譲る子も多いと思います。しかしその背景には「YouTubeで後で観ればいいや」という思いが潜在的にあるように思い当たるのです。つまり自分の欲望を泣く泣く捨てなければならないという機会が彼らには少なく、仮にそうしなければならなくなったとしても、捨てたものをあまりにも簡単に取り戻せる時代に彼らは生きていて、その状況を当たり前のものだと思っているように感じるのです。このことは私たちの世代と深いところで決定的に価値観を分かつ要素だと思います。


つまらないことを楽しまなければならない


もうひとつYouTubeの恐ろしいと思われるところを述べたいと思います。それは「面白いところしか観られない」ということです。これだけを言うと、それは良いことだと思われるかもしれませんが、私は非常に危険なことだと考えます。子どもたちのYouTubeの観方を聞くと、Twitterで人気のある短い動画を観て笑い、それに関連する動画を観て笑い、そしてまたそれと似た動画を観て笑うということを延々と繰り返し、気付けば2時間、3時間と時間を無駄にしてしまうといったようなことが多いようです。理解できない楽しみ方ではありませんが、そこには決定的に足りないものがあります。それは「物語」です。YouTubeの動画には面白い事象だけが存在しており、それがなぜ起こり、そしてその後どうなったかという物語がないように思われます。今の子どもたちには国語力が足りないと言われることが多いですが、これが一つの原因になっているように思われるのです。

また、テレビのドラマを考えてみると、常におもしろいというドラマはまず少ないと思います。物語には悪いところやつまらないところがあるからこそ、その物語の中での面白い部分や幸せな部分が引き立つのです。つまり、物語にはマイナスの要素が必要不可欠なはずなのです。それがYouTubeにはありません。人生はどうでしょうか。面白く楽しいことだけでしょうか。辛く苦しくつまらないこともあるはずです。それでも幸せになるためにはそれらを我慢しなければならないのではないでしょうか。YouTubeに慣れすぎると現実世界でそのような「我慢」ができなくなってしまうのではないかと私は恐れています。テレビドラマのつまらない部分を観て、それを乗り越えたときにこそクライマックスで心を震わせることができるのではないでしょうか。


よく「子どもと価値観が違いすぎて、何を考えているかわからない」という保護者様の声を聞きます。すべてではないにしろ、少なからずYouTubeの普及が影響していることは間違いないと思います。私たちの世代の方が絶対的に良いと言っているわけではありませんしYouTubeが絶対悪だと言いたいわけではありません。ただ、現代の子どもたちと本当に分かり合いたいと思うのであれば、子どもたちにYouTubeをうまく付き合わせようとすることは一つの解決策になるのではないかと思うのです。


《プロのコラム一覧はこちら》

 コラム一覧へ

《おすすめコラム》

 塾を選ぶときのすすめ

この記事を書いたプロ

堀籠芳明

堀籠芳明(ほりごめよしあき)

堀籠芳明プロのその他のコンテンツ

Share

堀籠芳明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-1055-3819

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堀籠芳明

完全オーダーメイド指導 宮本塾

担当堀籠芳明(ほりごめよしあき)

地図・アクセス

堀籠芳明プロのその他のコンテンツ