まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
村山雅典

お客様を第一に考える塗装工

村山雅典(むらやままさのり)

株式会社みやび

お電話での
お問い合わせ
047-405-9724

コラム

屋根の雨漏り原因と最適な補修方法!

雨漏りにはいくつかの原因があります。今回は、雨漏りの原因と修復方法についてご紹介します。

雨漏り原因と発生箇所

(1)瓦のずれや浮きなど
雨漏りの原因として、すぐにイメージできるのは、瓦屋根の瓦がずれた部分からの雨漏りでしょう。

瓦は他の屋根材に比べ強く、耐久性に優れていますが、地震などによって家が揺れると「ずれ」や「浮き」が生じることがあります。そこへ雨が降ると、ずれや浮きによってできた隙間から雨水が入り込み、雨漏りを起こすことになります。

その補修作業としては、まず、ずれが生じた部分は正しい位置に直す、瓦が割れたり、ひびが入っている場合は新しい瓦に取り替えることになります。
また、瓦屋根の場合、漆喰が崩れ、雨漏りの原因になるケースも見られます。この場合は崩れた漆喰を取り除き、新たに漆喰を塗り込むことになります。

(2)スレートのずれやひび割れなど
現在、軽さや耐震性、色のバリエーションの豊富さなどからスレート屋根が普及しています。

しかし、スレートも経年劣化が進んだ状態で、地震などによる強い衝撃が加わると、ずれたり浮いたりしてしまいます。そして、そこにできた隙間から雨水が浸入して雨漏りが起こります。この場合、ずれた部分を元に戻し、固定する必要があります。

また、スレートにひび割れが生じると、これも雨漏りの原因になりますから、ひびが入ったスレート板を撤去して新しいものに取り替える必要があります。

(3)棟板金の浮きやずれ
「棟板金(むねばんきん)」という言葉をご存知でしょうか? 
「棟」とは屋根の一番高いところ、頂の部分を指します。そして、この部分を包んでいる金属板を棟板金と呼びます。

棟板金は釘やビスで留めていますが、屋根の一番上の部分ですから、風や雨など自然からのダメージを最も受けるところです。そして、棟板金を留めている釘やビスが緩んでくると、棟板金が浮いたりずれたりしてしまいます。そこから雨水が浸入すると雨漏りにつながることになります。
この場合、古い釘やビスを抜き、新しい釘やビスでしっかり留め直す必要があります。
ただ棟板金そのもの、また、板金の下地が雨水の浸入でダメージを受けている場合、板金、下地とも取り替えなければなりません。

雨漏りの原因の中でも棟板金の浮きやずれによるものは非常に多いと言えます。

(4)谷樋板金の傷み
傾斜した屋根と屋根が合わさって谷のようになっている部分を建築用語で「谷」と言い、この谷部分に設けた溝を「谷樋」と呼びます。そして、この谷樋に使われている金属板が「谷樋板金」です。

降りそそいだ雨水は谷樋に集まり、谷樋を伝って排出されるわけですが、雨水が集中するため板金が傷みやすく、穴が開くなど雨漏りの原因となることが多い箇所です。古くなって穴が開いた谷樋板金は早めに取り替える必要があります。

(5)雨樋のつまり
雨樋が枯葉やごみなどで詰まっている状態も雨漏りの原因になります。

枯葉やごみを取り除いて雨水が流れやすくすれば良いわけですが、経年劣化が進んでいる場合は、樋を取り替えたほうが良いでしょう。

また、施工時のミスで、雨樋の傾斜が正常でないケースも見受けられます。こうした場合、雨水が流れやすい状態に設置し直すことになります。

縁切りの重要性

スレート屋根の雨漏りについては、屋根の塗り替え時に「縁切り」がきちんとできているかどうかという問題があります。

スレート屋根は、スレート板を屋根の下部から上部に向かって葺いていきます。まず、横方向にスレートを並べ、最下部を並べ終えたら上の列に移り、同じように横方向にスレートを並べていきます。この時、上の列のスレートの下部と下列のスレートの上部が重なることになり、そこに若干の隙間ができます。実はこの隙間は水の通り道となり、雨水を排出するためになくてはならないものなのです。

ところがスレート屋根の塗り替えを行うと、塗料がこの隙間に入り込み、乾燥すると隙間が塞がった状態になってしまいます。そこで、隙間を塞いでいる塗料を切って、水の通り道を確保しなければなりません。この作業を「縁切り」と言います。

縁切りは、塗り替えによって塞がれた部分を、一つひとつ処理していく作業ですから手間がかかります。いいかげんな業者はその手間を惜しみ、きちんと縁切りせず作業を終わらせてしまいます。せっかくお金を出して屋根を塗り替えたのに、雨漏りの原因を作られるようでは困りますので、こういった作業についても確認するようにしましょう。

ご自分での修理はおすすめできません

雨漏りの応急処置としては、雨漏りの原因になっている箇所をビニールシートで覆うといった方法があります。あるいは、谷樋などの穴が開いた部分をコーキング剤(またはシーリング剤)で塞ぐ方法もあります。

インターネットのページにはDIYでもできるということを述べているページもありますが、屋根の上は危険ですし、きちんとした補修は専門業者に依頼することをおすすめします。

この記事を書いたプロ

村山雅典

村山雅典(むらやままさのり)

村山雅典プロのその他のコンテンツ

Share

村山雅典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
047-405-9724

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村山雅典

株式会社みやび

担当村山雅典(むらやままさのり)

地図・アクセス

村山雅典プロのその他のコンテンツ