マイベストプロ千葉
福田 シェシャドゥリ 育子

トラウマケアと心づくりセミナーを行う心理セラピスト

福田 シェシャドゥリ 育子(ふくたしぇしゃどぅりいくこ) / 心理カウンセラー

松戸こころの相談室

コラム

子どもからのSOS

2020年10月4日 公開 / 2020年10月5日更新

テーマ:安定型愛着パターン

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

コラムキーワード: アンガーマネジメント自律神経失調症 治し方パーソナルトレーニング

こどもからのSOS

クライエントさんからのメールです。
セラピーとセミナーを受けて下さっています。
※ゴラム、セミナーで紹介させて頂くご了解を得ています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「水曜日のセラピーを終え、
「どんな息子でもありのままを受け入れていきたい」
と気持ちが前向きになってきております。

また、先生に提案頂いた通り、息子に謝りました。
しっかりと謝ったあと、
「もう幼稚園のことは聞かないから困ったことがあったらママに相談してね」
と伝えていました。

今まで幼稚園の話をしたがらなかった息子が急に
「お友達に嫌なことをされる。ママ助けて」
とSOSを出して来てくれました。

自分の心配な気持ちばかり押し付け、
息子の気持ちはには全く寄り添っていなかったのだなと気づき、
また一つ学ばせていただきました。

本当にありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どもから SOSがあった時!

sosを出してくれたということは
お子さんが お母さんに
「安全・安心感」
を感じることができたということです。

私たち大人がしがちなのは
「SOSに対応しなければ!!!」
と 幼稚園、保育園、学校の先生に
連絡を取ることです。

その前に お子さんの気持ちを聴くことが大切になります。

「あなたは どうしたい?」
「ママに 幼稚園の先生に言って欲しい?」
 
「お友達にあなたが 話す時にそばにいて欲しい?」

「ママにきいてもらったから それで良い」
とおっしゃるかもしれません。

お子さんがどうしたいかが大切になります。
自立への小さな一歩です。

けれど重要なあゆみです!!!

この積み重ねが
「自立心」と「責任感」
を 育てます。

親への反抗的な態度・行きしぶり・不登校・起立性調節障害・自律神経失調症等

どのような状態、症状、診断名にも
「健康、成長、回復を目指す」
言葉かけを学んで頂けるのが
「アドラー心理学・勇気づけの対応」
です。

家庭で安全・安心感を得られると
人としての成長は続きます。

「ひといちばい敏感な子」
は 幼稚園、保育園、学校、学童、集団での
人が多い状態、集団が発する音、混ざったにおい、ザワザワした雰囲気が苦手です。

気持ちが落ち着かなく
じっとそこに居ることは苦痛でしかありません。

お母さん、お父さん、大人の神経を落ち着ける

子どもは 家庭で安全・安心感が得られないと
少しずつ何らかの症状を見せ始めます。

児童精神科、小児科等、時には精神科の待合室で
成長がストップした状態の方々に出会います。

20代、30代とお見受けする方々にでも
一緒におられるご家族は
その方が あたかも小学生、中学生のように接しておられます。

知り合いの大学院の教授に聴いたことがあります。
「社会に出なくてすむので
 大学院に居続ける学生さんもおられます。」
と。

80‐50問題は 身近に・・・

カウンセリング、セラピーの中で
様々な年代の方にお会いしています。
10代、20代、30代、40代、50代、60代

親ごさんが60代、70代、80代の方もおられます。

過ぎてしまうと分かるのですが
10年は あっという間です。

「いつかは 成長するだろう・・・。
 いつかは 変わるだろう・・・。
 お医者さんに通っているから 大丈夫だろう・・・」

子どもさんが変わるのを待つ間に
お母さんとして お父さんとして
できることがあります。

親御さんの神経系を安全にするために セラピーが必要になります

自分では もちろんトラウマがあるとは気づかないことはよくあります。
私もそうでした。

けれど 
自立して欲しいお子さんが 同じ地点に留まっている
次々と学校に通い続ける
病状が回復しない、再発する

そのような場合には
「急がば回れ」
のことわざ通り
お子さんに安全・安心を提供するために
一緒に暮らして居られるお母さん、あるいはお父さんが
セラピーを受けられることで
家庭の雰囲気が変化し
お子さんの言動も変化していきます。

オンライン:勇気づけ実践セミナー
カウンセリング&セラピー

この記事を書いたプロ

福田 シェシャドゥリ 育子

トラウマケアと心づくりセミナーを行う心理セラピスト

福田 シェシャドゥリ 育子(松戸こころの相談室)

Share

関連するコラム