マイベストプロ千葉
福田 シェシャドゥリ 育子

トラウマケアと心づくりセミナーを行う心理セラピスト

福田 シェシャドゥリ 育子(ふくたしぇしゃどぅりいくこ) / 心理カウンセラー

松戸こころの相談室

お電話での
お問い合わせ
047-701-7668

コラム

子どもは出来ないふりをする!?

2019年5月28日 公開 / 2019年10月11日更新

テーマ:勇気づけ

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

バス停で出会う

とてもユニークな友人、和美さんがいます。
そう言えば 彼女と出会った場所も・・・。

今から45年も前のこと。
30分に1本しか来ないバス停で待つのは 私と彼女でした。

ある日、時間が過ぎても来ませんでした。
「バス、来ませんね。」
から会話が始まりました。

予想した通り 彼女は小学校の教師でした。
私は翌年採用が決まっている「教員養成所」の学生でした。

翌年、4月 またバスの中で出会いました。
「算数分かる教え方、2年生が 本屋で 見つからないんです。」
という私に
「家にあるよ。
おいでよ。」
と言って頂き、お付き合いが始まりました。

和美さんは アドラー心理学に近い人生哲学を持っています。
アドラー心理学を学び始めて 
初めて彼女が考えていることが分かるようになりました。

和美さんが語ったこと

私は子どものころから 完璧を目指さなかった。

母親の要求を上げられないように 
90%で終了させてきた。

母ちゃんが完璧主義、
しつこい
同じことを 注意する。

小4まで言うことを聞いた。
「できません」
というふりをしていた。

子どもはできないふりをする。
無能なふりをする。

親が
「あんたはできないね~」
と言うと
その通りの人間になるように努力する。

私は子どもや生徒が できないふりをしていると 分かる。

私の母親は99%じゃあ許さなかった。
出来る限りやってけなされるより
自分でも不備なところがあるなと思って
けなされるのと
どちらが良いかと 考えた。

完璧を目指さない。
だから 仕事でも褒められなかった。

90%で終わらせるというのは
子どもの頃からのやり方。 
だから
急にできるようにならない。
仕事ができないのは
自分でもうれしくない。

則ってやればほめられるけど
褒められる必要はない。

自分で自分を
ここまでやったから良いかな
と見つけてきた。

自分は何をしたいのか
自分が好きなことは何か。

自分とは何か
自分の形を探して生きてきた。

アドラー心理学との共通点

子どもは 親、養育者、教師の言葉の通りに行動する。

「何をやってもダメなんだね!」
「まともにできることが無いね!」
「ゲームばっかりやって!」
「さっさと ~しなさいよ!(※さっさとできないあなたね!)」

これらは 
「勇気くじき」なのです。

「信じて 任せて 勇気づけをしながら 待つ」
関わる大人が これができるようになると 
子どもは 変わっていきます。

お母さんが変わられて 
小学校で3年間不登校だった息子さんが
中学から行かれるようになられた経過のコラムです。

勇気づけ実践セミナー@浦安市

この記事を書いたプロ

福田 シェシャドゥリ 育子

トラウマケアと心づくりセミナーを行う心理セラピスト

福田 シェシャドゥリ 育子(松戸こころの相談室)

Share
関連するコラム

福田 シェシャドゥリ 育子プロのコンテンツ