マイベストプロ千葉
福田 シェシャドゥリ 育子

トラウマケアと心づくりセミナーを行う心理セラピスト

福田 シェシャドゥリ 育子(ふくたしぇしゃどぅりいくこ)

松戸こころの相談室

お電話での
お問い合わせ
047-701-7668

コラム

小学校で不登校3年:中学の入学式に行きました!

2019年5月26日 公開 / 2019年8月9日更新

テーマ:勇気づけ

母娘関係が難しい

「発言小町」という読売新聞運営のサイトがあります。
「母娘関係が難しい」とのタイトルです。

「娘は20代後半。私のことを完全に嫌がって音信不通の場所で生活しています。
子どものころから、親子の関係性をうまく築くことができませんでした。」
と。

興味深いのは この質問されている方のお仕事です。
「受容と共感が大事って私は仕事で講義する立場」
とあります。さらに
「今まで 実践できてなかった。」

「勇気づけ実践セミナー」では 実践すれば 
必ず関係が改善されることをお伝えしています。

小4~小6:3年間不登校

今年4月から 中学生になった由君。
小4から小6まで 不登校でした。

お母さんが「勇気づけ実践セミナー」を実践され始められたのが
小4の秋。

始めの1年余り、お母さんは
「自分は問題ない、問題を持っているのは
登校しない息子」
という思いが強かったそうです。

「ある日、実践セミナーのロールプレイのように対応してみると・・・
息子の態度が変わったんです。
えっ、私???
と思って セラピーを受けることにしました。」
息子さんが 小5の終わりでした。
セラピーを受けられると
意識に上って来ていなかった
お母さん自身の お父さんの言葉による傷つきが出てきました。

 定期的にセラピーを受けられると
 息子さんを受け止めることができるようになられ
 息子さんも どんどん元気に活動されるようになりました。

中学生

 そして 中学生。
 入学式から出席。
 周囲が心配した ゴールデンウイーク明けも登校が続いています。

 部活は文化部。
 「運動の方が良いんじゃないか?」
 というお父さん。
 お母さんもつい口を出されたそうです。
 すると
 「お母さんまで口を出すのなら
  不登校になるよ!」
 と 脅されたそうです。

 「学校へ行き始めても
  うれしい!とかいう気持ちではなく
  不思議な位 淡々としています。
  
  一度乗り越えたのだから
  何かあっても 乗り越えられると思います。
  上の子の受験にも
  見守ろうという気持ちになれています。
  家族全体にとって 良かったと思っています。」
  家の外で 何か不快なことがあっても
  お母さん、お父さんが
  「一貫した安全、安心な場」
  を 提供されることで
  お子さんは落ち着かれます。

まず お母さんが落ちつきましょう!

 お子さんを見たら  深呼吸
 イライラしたら   深呼吸
 腹がたったら    深呼吸
 自分を責めたら   深呼吸
 他者に責められたら 深呼吸

 深呼吸は 交感神経の活性化をしずめます!
 すると 気持ちが少しずつ落ち着きます。
 気持ちが落ち着くと 
 ほんの少しでも お子さんから考えが外れるかもしれません。

 お子さんのトラウマの渦から 離れることができます。

勇気づけ実践セミナー
セラピーのご相談

この記事を書いたプロ

福田 シェシャドゥリ 育子

トラウマケアと心づくりセミナーを行う心理セラピスト

福田 シェシャドゥリ 育子(松戸こころの相談室)

Share
関連するコラム

福田 シェシャドゥリ 育子プロのコンテンツ