マイベストプロ千葉
福田 シェシャドゥリ 育子

トラウマケアと心づくりセミナーを行う心理セラピスト

福田 シェシャドゥリ 育子(ふくたしぇしゃどぅりいくこ) / 心理カウンセラー

松戸こころの相談室

お電話での
お問い合わせ
047-701-7668

コラム

精神病理は予防できる!

2013年4月19日 公開 / 2019年12月5日更新

テーマ:勇気づけ

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

平成23年度、24年度と 松戸市市民活動助成事業として「勇気づけの親子関係実践セミナー」を行いました。
事業名は「健康な心を育む勇気づけの対応」です。
市が発行する冊子に載せるための事業紹介シートを 市に提出しました。

ここでもご紹介したいと思います。
次は「事業の取り組み」です。
                        
・「勇気づけの親子関係実践セミナー」を毎月、平日2回、日曜日1回開催しました。
子ども時代に受けたこころの傷はいつ表面化するかは予想出来ません。不登校、引きこもりと言ったように比較的若い時代に表れることもあれば 成人してからうつ病を始めとする精神疾患として形を呈することもあります。
「困難に出会っても乗り越えていける精神力」
を育てるという目標を持った 子どもへの対応が必要です。

・長期的観点に立つと 健康なこころを持った人の育成は 家庭の円満、協力的な地域の形成、市の財政、国の財政の負担軽減の一助にもなります。

・不登校、引きこもり、うつ病は「勇気づけの対応」という予防があることを 行政、育児、教育に携わる方々にお伝えしたいと活動を続けています。

平成24年度事業の成果                          
1.29回のセミナーを行い、合計140名の参加者があった。
2.不登校の中・高生を持つ親の会 青空の会 でもこのセミナーを開催して下さり、「親子関係」が
  以前より良くなった、お子さんが親に話をするようになった、ご自身に変化があった等の報告を
  頂いた。平成25年度も継続してセミナーを開催して頂けることになった。
3.参加して下さった方のご紹介で平成25年5月から「新松戸幼稚園」を会場にセミナーを開かせて
  頂けることになった。
4.精神病理予防としての役割も果たすこのセミナーの重要性を 幼児、小学生の保護者の方々が受け
  て下さり、子どもが積極的になった、言われなくても親の期待以上に行動できる、と効果を報告し
  て下さった。
5.中2の6月位から不登校だったお子さんのお母さんが実践された結果、中3の4月から登校し、平成
  25年4月に高校に進学された。
  「自分の子どもへの対応を変えたことが 不登校の解決につながった。これからも実践を続けたい。」
  と言われてセミナーに参加されている。

♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ 

細々とですが 少しずつセミナーの輪と和が広がっています。
1995年に 茨城県でセミナーを開いたご縁で アクロスモール守谷に出来たカルチャースクールでも
「勇気づけの親子関係実践セミナー」を開かせて頂けることになりました。

新松戸幼稚園でも 開かせて頂けることになりました。
「精神病理は 予防できる」
という観点から 幼児期の「勇気づけ」は大きな意義があります。

この記事を書いたプロ

福田 シェシャドゥリ 育子

トラウマケアと心づくりセミナーを行う心理セラピスト

福田 シェシャドゥリ 育子(松戸こころの相談室)

Share
関連するコラム