まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山川淳

従業員を大切に、働きやすい環境を作るアイディール社長

山川淳(やまかわあつし)

株式会社アイディール

お電話での
お問い合わせ
047-404-1911

コラム

PDCAサイクル

今回も私のコラムにご訪問頂きありがとうございます。

今回はPDCAサイクルについてのお話をしたいと思います。

私がわざわざ書かなくてもGoogleで検索するとPDCAについての記載はかなり

出てきますのでおさらい程度にしますね。

ますPDCAのPは

PLAN(計画)ですね。

達成するべき目標を決めそれに向けたスケジュールとやるべき事、誰がやるかを決める。

次にPDCAのD

DO(実行)です。

プランに基づきやるべき事を実行し記録する。
チェックリストなどを作成し確認しながら実行する。

次はPDCAのC

Check(確認)です。

行動を振り返りデータを基に実績の確認をする。
活動を振り返り反省点をまとめる。

最後にPDCAのA

Action(改善)です。

確認内容に基づきプランの改善、変更点をまとめ再度実行に移す。
目標を達成できた場合は達成までの工程を振り返りまとめておく。

ざっと上記のような内容です。

このコラムの中で幾度となくお話させて頂いている

知っていると出来ているの違い。

このPDCAサイクルが一番当てはまるのです。

そして基本的過ぎるのですが重要な事なので今回書きました。

PDCAサイクルを回すうえで肝心なのがどのくらいの周期で振り返りをするのか?

これが明確になっていない事が多いように感じます。

数日単位で変更しなければならない事もあれば数か月、年単位で回す場合も

あると思います。

この周期がメンバー全員に伝わっていないとメンバーからの愚痴が出るケースがあります。

また変わるの?ころころ変わる・・・などや、せっかく覚えてきたところなのに・・・

と現場のメンバーからの反発にあいサイクルが回せなくなっているのを幾度となく

目の当たりにしたことがあります。

それを防ぐためには、やはり周期や内容をメンバー全員が理解するようにしないといけません。

また別の機会にお話ししようと思いますが、経営者側と従業員側には意識の違いがあります。

このPDCAだけではありませんが、なぜこれをしないといけないのか?これが出来たらどうなるのか?

という事まで考慮してPDCAサイクルを回して頂きたいなと思います。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いたプロ

山川淳

山川淳(やまかわあつし)

山川淳プロのその他のコンテンツ

Share

山川淳プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
047-404-1911

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山川淳

株式会社アイディール

担当山川淳(やまかわあつし)

地図・アクセス

山川淳プロのその他のコンテンツ