マイベストプロ千葉
まきたしの

母と子の免疫力、自然治癒力を引き出す鍼灸師

まきたしの(まきたしの) / 出張鍼灸治療院

ははとこ治療院

コラム

抱っこで腰痛・膝痛!!なんとかなりませんか?

2021年2月12日 公開 / 2021年2月13日更新

テーマ:産後の体

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 膝の痛み腰痛 改善

母と子のための出張鍼灸治療院 ははとこ治療院 です。

産後、腰や膝が痛い。

たくさん抱っこしてあげたいけれど、
抱っこのたびに痛い。
痛さが増す。

毎日のことなので困りますよね。

そんな「痛い!」を予防する方法をご紹介します。


抱っこの前に「丹田」を意識すること。

道具もいりません。
時間もかかりません。


丹田の場所は?


おヘソの下、5~6センチ程度といわれています。
経穴(ツボ)でいうと「関元」の位置。

↓せんねん灸のサイトです。

https://www.sennenq.co.jp/knowledge/solarterm/2017-05-05.html

ここというピンポイントでなくても、
「下腹で恥骨より上」と思っていただければ大丈夫です。




ここに意識を置くと腰がまっすぐでブレなくなります。
試しに丹田を意識したまま背中を丸めたり、反ったりするのは難しいと思います。

腹が座る、腰が安定すると重みがかかっても
抱っこの時にお子さんが動いても
腰に負担がかかりにくくなります。

丹田=関元 女性に子どもに優しい経穴(ツボ)


関元という経穴(ツボ)は「気のあつまるところ」
冷えやむくみ、生理痛 生理不順 便秘 妊活 など、
女性に嬉しい手助けをしてくれる経穴です。

お灸をするとほわーっととても気持ちいいですよ。


また、気持ちを安定させる効果もあります。
お子さんがソワソワだったり、
新しい環境に慣れずに不安だったりするときにそっと手を当ててあげて下さい。
気持ちが落ち着き、元気がでますよ!

下っ腹に意識!たくさんのメリットがありますね。

なぜあちこち痛くなるの?



出産時、赤ちゃんがスムーズに生まれてこられるように、
産前のお母さんの関節は少しずつ柔らかくなります。

そして、出産後はそれがもとに戻ろうとします。

ゆるんだ関節がしまってくるので、
痛みが生じやすいです。

そこに抱っこで腰や膝に集中して体重がかかると
大きな負担になります。

できるだけ一か所に力が集中しないように、
抱っこの時は体全体で、赤ちゃんを受け止めるように。
インナーマッスルを上手に使って下さいね。





ははとこ治療院 LINE公式アカウントでも
「こんな時はどうしたら?」のご相談を受け付けしております。

またお得なクーポンや
最新情報配信してます。

お友達追加で
無理E-BOOKプレゼント





↓↓↓

LINE公式アカウント
[[ははとこ治療院LINE公式アカウント https://lin.ee/9mIaf1L]
①上のリンクをクリック
②アイコンが出てくるので「友達追加」
③プレゼントの受け取り方法が送られます
④プレゼントをゲット

この記事を書いたプロ

まきたしの

母と子の免疫力、自然治癒力を引き出す鍼灸師

まきたしの(ははとこ治療院)

Share

まきたしのプロのコンテンツ