まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
宮垣将一郎

雨漏り原因を追究し確実に解決する雨漏りの専門家

宮垣将一郎(みやがきしょういちろう)

株式会社グローイングホーム

お電話での
お問い合わせ
043-497-6140

コラム

工場・倉庫の屋根を遮熱塗料でコーティング。効果はある?

工場・倉庫の屋根は太陽光を受けて熱くなりやすく、そのため室温が上昇することがあります。

太陽によって室内温度が大きく影響を受けないように、屋根に塗る塗料には、太陽光を反射する働きを持つ遮熱塗料があります。

この塗料は、太陽光によって室内温度が大きく変化することを防ぐ働きをするだけでなく、防水性にも優れており雨漏り対策に有効です。

防水効果も高い遮熱塗料の機能とは

工場・倉庫の屋根のメンテナンスは、さまざまな目的を兼ねて行われています。

最近では屋根の塗装をするだけで、太陽光による室内温度の上昇を抑えるだけでなく、雨漏りを防ぐこともできるようになってきました。このような働きをする塗料は「遮熱塗料」と呼ばれています。

遮熱塗料の主な働きは、太陽熱の反射機能により屋内の気温上昇を抑えることです。
この塗料を使った屋根は、表面温度が最大20度、室内も最大5度まで低くできたというデータもあります。
塗料の耐用年数は約15年で、耐久性も高くCo2削減効果も高い特徴があります。

これに加えて塗料そのものの伸縮率がとても高く、屋根が経年劣化によりひび割れを起こしても、その隙間に入り込んで雨漏りの発生を防ぐ働きをします。

遮熱塗料のデメリット

遮熱塗料は、表面の経年劣化で汚れがひどくなるにつれて反射率が下がり、室温コントロール効果が下がるリスクがあります。
したがって、定期的に塗り替える必要はあります。

しかし、耐用年数が15年前後と長いので、コスト効果が高い屋根のメンテナンス方法と言えます。また工場や倉庫の稼働を止めずにいつでも塗り替えができます。

遮熱塗料の塗装工程について

遮熱塗料は、金属製の屋根でも波型スレートでも塗装が可能です。

その塗装工程は、最初に屋根の表面の汚れを高圧洗浄で取り除いた後、金属製の屋根では、すでに錆がある部分の悪化を防ぐ処理を行い、次に防錆力の強い塗材を下塗りした後、遮熱塗料を上塗りします。

波型スレートでは、カビ処理を行い、防カビ剤、水漏れを防ぐ防水補強材を塗布した後、下塗り、上塗りの工程を行います。

塗装工程中に屋根の穴もテープなどを使い塞ぎます。

この記事を書いたプロ

宮垣将一郎

宮垣将一郎(みやがきしょういちろう)

宮垣将一郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮垣将一郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
043-497-6140

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮垣将一郎

株式会社グローイングホーム

担当宮垣将一郎(みやがきしょういちろう)

地図・アクセス

宮垣将一郎プロのその他のコンテンツ