まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
木村茂直

漢方を通して健康と生活をより豊かなものにする漢方薬剤師

木村茂直(きむらしげなお)

芙蓉堂薬局

お電話での
お問い合わせ
04-7153-2391

コラム

漢方薬にも副作用があるってホント??

漢方薬

2016年8月29日 / 2017年1月17日更新

漢方薬と副作用

漢方薬は「安全で副作用がない」と思っている方も多いようです。
しかし、もちろんそんなことはなく、実際には漢方薬であっても副作用は存在します。

ごくまれに、漢方薬を構成する生薬に対して、アレルギーを持っている方は、それが反応することがあります。しかし、一般的に、副作用として言われているものは、漢方薬の副作用ではなく、その方に不適応なものを服用したことによるものです。

<間違った漢方薬の服用の例>
◎体が渇いている方→もっと体を渇かす漢方薬を服用
◎むくみやすい方→体に潤いを与える漢方薬を服用
◎体の冷えがひどい→清熱(熱を冷ます)漢方薬を服用

また、漢方薬を服用して、吐き気がする・下痢になったなどの症状を訴える方もいます。これは、漢方薬を構成する生薬のどれかが体に合っていなかったり、冷えて腸が反応したり・・などいろいろな原因が考えられますので、信頼のおける専門家にご相談することをおすすめします。

副作用も悪化すると、脱水症状を起こしたり、体が冷えすぎたりなど様々な症状が出てきます。
今の時代はドラッグストアやインターネットで、手軽に漢方薬も手に入りますが、自己判断せずに、全体的な体質などを含めて自分に合った漢方薬を処方してくれる、専門家に相談することが大切です。


漢方薬で副作用が起きないようにするにはどうしたら良いか?

漢方の基本的な考え方に「証」という、その方の体質・症状などをあらわす特有の表現法があります。
同じ症状であっても罹っている人の体質はそれぞれ違います。暑がりの人、冷え性の人、太っている人、痩せている人、イライラしがちな人、など人によって様々です。
ですので、Aさんが服用した漢方薬でむくみが治ったとしても、Bさんのむくみが同じ漢方薬で治るとも限りません。同じ症状であっても服用する漢方薬は人それぞれ違ってくるのです。

症状だけで判断せずに、全体的な体質などを含めて自分に合ったものを服用することが非常に重要です。

また、一概に、体に出た症状がすべて副作用とはいえず、回復方向に向かう反応(瞑眩反応・めんげんはんのう)の場合もあります。漢方薬を服用して出た反応が、副作用なのか瞑眩反応なのか、症状だけで判断するのはなかなか難しいものです。

これはどうなのかな?と思ったら、自己判断せずに、漢方薬を処方してもらったところに相談してください。

千葉県柏市・流山市・野田市
漢方相談・漢方専門 芙蓉堂薬局
http://fuyodo.com

ぜひお気軽にご相談ください

体の痛み・腰痛・頭痛・膝痛・婦人病・更年期障害・不妊症・冷え性・便秘・下痢・胃腸炎・肥満・虚弱体質・自律神経失調症・肩こり・めまい・アトピー・にきび・尋常性乾癬・逆流性食道炎など

漢方専門 芙蓉堂薬局
http://www.fuyodo.com

お問い合わせ・ご予約フォーム

この記事を書いたプロ

木村茂直

木村茂直(きむらしげなお)

木村茂直プロのその他のコンテンツ

Share

木村茂直プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
04-7153-2391

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村茂直

芙蓉堂薬局

担当木村茂直(きむらしげなお)

地図・アクセス

木村茂直のソーシャルメディア

facebook
Facebook

木村茂直のソーシャルメディア

facebook
Facebook

木村茂直プロのその他のコンテンツ