まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
佐藤陽

家づくり資金コンシェルジュ

佐藤陽(さとうよう)

FPオフィスケルン

お電話での
お問い合わせ
047-315-1239

コラム

土地を探すなら不動産仲介会社ではなく〇〇〇へ行く


マイホームを持ちたいと思った。そしてマンションではなく、一戸建てが良いなと思っている。可能ならば注文建築。
なら、まずは不動産の情報収集をするのが自然な発想です。

不動産会社へ行く前に行った方が良いのは


「まずは真っ先に私たちファイナンシャルプランナーへ相談にきてください」と書きたいところですが(笑)、今日のコラムの流れ的には違います。
お金や家計の管理についてはクリアされている前提で考えると、という話です。

「土地を探したいなら、駅前の不動産仲介会社とかネットで不動産情報の検索でしょ?何がいけないの?」と思われたかもしれません。

では、「土地はなぜ探していますか?」

「家を建てたいからでしょ。当たり前じゃない!!」とちょっと語気が強くなったかもしれせん(笑)

家を建てたいからですよね?

是非、家を建てたいのならば、まずは工務店 ハウスメーカーに行ってきましょう。

なぜ、不動産会社ではなく、工務店なのか?


土地を探したいのになぜ不動産仲介会社の前になぜ、工務店に行くべきだと思いますか?











それは、自分たちのイメージする家の予算感を把握するためです。

不動産仲介会社の営業マンは不動産売買のプロです。

しかし、建築のプロではありません。

意外に思うかもしれませんが、不動産仲介業者の営業マンは建物の建築については詳しくありません。

建物の建築予算についても「坪50万円で計算すればそこそこの家は建てられますよ」なんて感覚で予算を見込みます。

その結果、見つけてくれた土地を購入する予算は確保されていますが、自分たちが建てたいハウスメーカーや工務店での予算は十分に確保されていないケースが結構あります。
では、家を建てることができないのかというとそうではなく、安さを売りにするメーカーや工務店でなら建築が可能な予算だったりします。
建物にこだわりがなければそれでも良いかもしれませんが、こだわりがあるのならば、土地は買ったけれど、建物の予算が足りないから、こだわりをあきらめるということになるかもしれません。

しかし、これは不動産仲介業者さんを責める訳にいきません。
なぜなら、先に述べたように彼らは「建築のプロ」ではないし、何より建築に携わる経験は少ないか皆無なので、実際の建築予算は分からないのです。

そもそも「坪50万円で計算すれば・・」という坪単価は建物本体の価格でしょうか?建築の総額でしょうか?
坪50万円で30坪の家を建てたいなら1500万円という金額が導き出せますが、これがもし本体価格なら他に水道工事やガス工事、外構工事等の工事に諸費用も含めると2000万円を超えるかもしれません。

総額1500万円なら諸費用などを差し引いて、本体金額を計算したら、1200万円とか1100万円くらいの本体工事かもしれません。

本体価格1500万円と1100万円の家では明らかに違います。

自己責任で建築予算を確保する


希望する建物の建築予算を確保するのは、自己責任です。
「〇〇ハウスメーカーでこんなイメージの家を建てたいとすると建築予算は〇〇〇万円は必要だから、土地に使える予算は
〇〇〇万円以内」と自分で制御しなければなりません。

この建物の予算感を把握するためにも先にハウスメーカーや工務店にコンタクトをとることが賢明です。
「まだ土地は見つかっていないけど、予算を把握するために仮のプランで概算金額を教えて欲しい」と言えば対応してくれます。もし対応してくれない営業マンならさっさと見切りをつけて、他の営業マンを探しましょう。

ハウスメーカーや工務店でも土地情報を扱っていることがあります。その場合は自社で建てるならという前提で資金計画も併せて提案してくれます。
少なくとも建物が建てられない金額の土地が提案されることは少ないでしょう。

是非、家を建てるなら、家を建てるために必要な資金を把握してから、土地探しをしましょう。

家づくり予算診断サービス

 住宅ローン診断

この記事を書いたプロ

佐藤陽

佐藤陽(さとうよう)

佐藤陽プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤陽プロのその他のコンテンツ