まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
島本長範

ヒューマンエラーやマネジメントを中心とした人財教育の専門家

島本長範(しまもとながのり)

CIMA人財教育開発

お電話での
お問い合わせ
043-487-2432

島本長範プロのご紹介

ヒューマンエラーを防止するためには、正しいコミュニケーションや適切な権威勾配が大切(2/3)

ヒューマンエラーやマネジメントを中心とした人財教育の専門家 島本長範さん

エラー撲滅には、互いを指摘ができるコミュニケーションが大切

 「エラーマネジメントとは、人間は必ずミスを犯すと考え、その結果をコントロールするという考え方。エラーを起こす要因を見つけ回避するという考え方です」

 島本さんによれば、エラーを防止するには危険を予測し、エラーを未然に防止する状況認識と共有が大切であり、実際にエラーが発生した場合には速やかに指摘、修正を行うための正しいコミュニケーションや適切な権威勾配、リーダーシップが必要になります。また、見つけたエラーの元となるスケジュール、曖昧な方針や環境要因、組織要因、個人的要因などを発見し、チームで共有することが大切です。実際の企業マネジメント手法の中にを持ち込むため大切なことは、企業内でのコミュニケーション不足を取り除くことだと島本さんは言います。

 「情報を共有するためには、円滑なコミュニケーションが必要です。相手の指摘を受け入れたり、指摘ができるチームの仲間を信頼したコミュニケーションです。人間はミスを犯すと、それがマイナス評価となってしまうと考えます。しかし、人間はミスを犯すという前提に立ってそれを認めて改善を行ったり、仲間のミスをフォローすることはプラスの評価につながります」

島本長範プロのその他のコンテンツ

Share

島本長範プロのその他のコンテンツ