まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
島本長範

ヒューマンエラーやマネジメントを中心とした人財教育の専門家

島本長範(しまもとながのり)

CIMA人財教育開発

お電話での
お問い合わせ
043-487-2432

コラム

ヒューンエラー対策(その1)“仲間と一緒にエラー防止”(その2)

2013年7月22日 / 2013年8月17日更新

ヒューンエラー対策(その1)“仲間と一緒にエラー防止”の続きです。

質問:「そもそも、一人ではエラー防止はできないのでしょうか?」

答えは、Noです。

私たちは、一日の相当の時間を一人で行動しています。
そして、その行動を行うたびに判断をします。
何かに迷った時とか、分からないことがあった際は、他の人に尋ねたりしますが、ほとんどは自分自身で
判断をしながら行動をします。

つまり、エラーの防止の基本は、一人ひとりの人間が行っています。

“仲間と一緒にエラー防止”とは、

決して、すべての行動を仲間(チーム)で判断をすると言うことではありません。

エラーをしない努力は、一人ひとりが続けて下さい。
一人ひとりが判断をしながら行動している所に、チーム力が加わることでエラーを防ぐ確率がグ~ンとアップします。

二つ目の質問です。
「これまで、皆さんはチーム力をエラー防止に使ってこなかったのでしょうか?」

これも、答えは、Noです。

でも、エラー防止の観点でチーム力を考えている人は少ないのではないでしょうか!

また、チーム力がエラー防止に役立っていることにピンとこない人もいるのではないでしょうか。

目標に向かって力を合わせて良い仕事をするのがチームです。エラー防止のチーム力は特別なものではありません。エラー防止とそれ以外のチーム力に分けながら仕事はできません。

特別なものではありませんが、本来の人間に備わっているチーム力にエラー防止の考えや、エラー防止の知識があるともっとエラー防止に効果のあるものになります。

エラー防止の考えや、エラー防止の知識とは、

●ヒューマンファクター
●人間の能力と限界
●チームワーク
●コミュニケーション
●リスクマネジメントと危機管理・・・などです。

これから、これらについても記事にしていきます。


ヒューマンエラーコンサルタント 島本長範



この記事を書いたプロ

島本長範

島本長範(しまもとながのり)

島本長範プロのその他のコンテンツ

Share

島本長範プロのその他のコンテンツ