まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
村上浩司

幸せをつかめる「強い心」と「自発的な学習態度」を育てる教育家

村上浩司(むらかみひろし)

学力再生工房AQURAS

お電話での
お問い合わせ
047-401-2396

コラム

ウチの塾が大学付属校の進学をそんなに重視していないワケ。

子育て 伸ばし方

2018年6月5日 / 2018年8月17日更新



日大アメフト部の問題で今は話題に事欠かない日大ですが、そんな日大の付属高校に偏差値10以上をひっくり返して進学した卒塾生が、工房に立ち寄ってくれました。

最初の中間テスト、かなりの好成績だったようです。本人も喜んでおり、何よりです。それに、学校のウラ事情も色々聞けました(笑)

付属の中学校から入学した組は学力的にもすごく高いけど、高校から入ってきた組は「付属だから、もう勉強しなくていいや」という者も相当数いるそうです。

こういった「大学あるからもう安心」などと勘違いする無気力組は、かつて早慶やMARCHの付属中学校にとても多かったのですが、最近は少し様子が変わってきたんですかね?

付属とはいえ、むしろ、早くから入った組の方が目的意識を確立しやすいのかもしれません。外部受験で他大学受験も増えてきたようですので。

私も大学の付属校に進むことに異論はありませんが、ウチの塾では進んで受験させたいとは思っていません。

先述した通り、これまで付属に入って「骨抜き」化した子をこれでもかというほど見てきたからです。特にサラリーマン時代は早慶付属の落ちこぼれ組をたくさん見てきたので、私的な偏見で申し訳ないですが、ちょっとウンザリしているところもあります。

骨抜き化された子たちほぼ全員に共通してのは、大して何もしていないくせに、プライドだけは異常に高い…という点です。

「オレは早稲田の付属だから」
「オレ、慶応なんですよ。先生、この意味分かる?」

などなど、だから何よ?というくだらない自慢話ばかり。

それでいて教科書の問題を小テスト化すると、全然できない。挙句の果てには、教科書が悪い、問題が悪い、尖鋭の出し方が悪い…と言い出す。アホですか、この連中は?

中身がない上っ面のプライドほど、カッコ悪いものはありません。ところが本人たちがそこに気づけない。それに周囲が振り回される。

私のもとにいた子たちが、たまたまそういう子だっただけかもしれない。しかし、それが過去大半だったことを考えると、それなりにこういった勘違いの骨抜き組はいるのではないかなと、私は考えています。

私は、大学受験など公立高校から一般入試で入ればいい!なんていう短絡的思考の持ち主なので、あまり大学付属校に第一義で推すような指導はしていません。

とはいえ、別にダメだとも思っていないので、塾生が望めば大学付属校だってどんどん対策を考えていきます。昨日寄ってくれた卒塾生の彼女みたいに、大学付属校でも輝いていく者は必ずいるわけですから。

人生の途中過程に大学付属に進学するのはいいけれど、人生のゴールとして大学付属に入って骨抜き勘違い思考な子になってしまうのは、違うのではないでしょうか。

それは、ご家庭でのしつけや考え方の教授も、大きく左右すると思いますよ。


>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

あなたのお子さんの学力を復活させます!ぜひ私にお任せ下さい!


> AQURASってどんな塾なのか知りたい方は、こちら

> 塾長:村上の子育てセミナーに興味のある方は、こちら

この記事を書いたプロ

村上浩司

村上浩司(むらかみひろし)

村上浩司プロのその他のコンテンツ

Share