まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
村上浩司

幸せをつかめる「強い心」と「自発的な学習態度」を育てる教育家

村上浩司(むらかみひろし)

学力再生工房AQURAS

お電話での
お問い合わせ
047-401-2396

コラム

「恋愛すればいい!」それがおまえの想像力を伸ばしてくれる。

子育て 伸ばし方

2016年4月30日 / 2018年8月14日更新



人を動かすことが、あらゆる仕事の原点だと私は思っていますが、そのために必要なものは何だと思いますか?


それは、他者への想像力だと、私は思っています。


自分が何かを言ったとき、相手はどう受け取るのか? 傷つくか、刺激と取るか。
そういったことを直感的に感じ取れないと、相手の心はつかめないものです。


他者への想像力がある人は、人を惹きつけることができます。
気持ちが分かってもらえたと思うと、その人は損得を越えて、相手のためになることをしようとしてくれるものです。それが結果的に、予想を超えた実りにつながるんです。


そういった想像力を育むための方法は何かないのかなとか考えてたら、手っ取り早いのは「恋愛」でもすることかなとか、思ってしまいました(笑)


「恋愛」ほど、相手の言動に対して敏感になるものはありません。
そこで人は、相手のちょっとした態度や言葉に歓喜したり、絶望したりするものです。


また、自分の強い想いだけでは、どうにもならないことにも気づかされます。
相手の気持ちを理解し、自分の気持ちとかみ合ったときに、初めてうまくいくことを思い知らされるわけです。


私が、恋愛が他者への想像力を育むと直感的に思ったのは、恋愛がある種の「限界的な状況」であるためです。


相手は自分にとって、唯一無二の存在です。
どうしてもその人でなければなりません。


これほど強く他者を意識する状況って、恋愛以外だとあまり思いつかないんですよね。
そのような切羽詰まった状況でのみ、想像力は育まれるものだと、私は考えています。


想像力が欠けて、自分の想いだけで推し量っても、決して人は動かないんですから。

あなたのお子さんの学力を復活させます!ぜひ私にお任せ下さい!


> AQURASってどんな塾なのか知りたい方は、こちら

> 塾長:村上の子育てセミナーに興味のある方は、こちら

この記事を書いたプロ

村上浩司

村上浩司(むらかみひろし)

村上浩司プロのその他のコンテンツ

Share