まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
高松洋平

経験豊富な知識と技術で雨漏りを確実に止める専門家

高松洋平(たかまつようへい)

高松工業有限会社

お電話での
お問い合わせ
0120-110-826

コラム

キッチン天井からの雨漏りその1 松戸市小金きよしヶ丘

雨漏り調査

2017年8月23日

キッチン天井からの雨漏りその1 松戸市小金きよしヶ丘


雨が降るたびに、キッチンの天井から雨漏りがする、との事でご相談をいただきました。




天井から雨水がポタポタ垂れ落ちてきて、クロスが捲れてしまっている所も確認できます。

早速天井を水分計で含水率を確認すると、「2.3%」を表示。

ここの所雨は降っていないのですが、若干水分が天井に残っていると想定されます。



続いて外部から確認していきます。



漏れてきている所の真上のサイディング外壁を、水分計で含水率を確認すると、「OOOO」と表示されます。

この表示は、含水率が50%以上となっていて測定不能の表示です。

外壁のサイディング内には水分が、多く含まれている状態であると想定できます。

また、サッシ廻りとサイディングの納まりが、通常とは違う状態になっています。



以前の持ち主が、サイディングを上張りしているようでした。

何故、サイディングを上張りしたのか?の理由は定かではありません。

外観を良く見せるためなのか、雨漏りがしていたからサイディングを貼ったのか・・・

どちらにしても、サイディングの納まりは悪く、雨水を受ける形状で取り付けてあります。


サッシの水切りと新たに貼ったサイディングとで、サイディングの方が前に出ていて、雨水を受ける形になっています。

境部分はシーリング材が充填されていたのですが、月日が経ち劣化して朽ちている状態です。

この境から雨水はサイディング内に浸入します、本来であれば青矢印部分から雨水は排出されますが、

排出する部分までシーリング材で塞がれている為に、浸入した雨水の逃げ場がなくなっている状態です。

雨水の浸入が多くなればサイディング内に溜まり、排出できずに室内に雨漏りとして症状を現わします。

また、側面の外壁の納まりも悪い状態です。


この部分もサイディング内に浸入した雨水を、排出できない状態になっています。

実際に散水調査を行い、どの部分から雨水が建物内に浸入しているのかを探し出していくことにいたします。

続きは、「キッチン天井からの雨漏りその2 松戸市小金きよしヶ丘」でお伝えいたします。



雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、  松戸市の雨漏り110番松戸店(高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。


雨漏り調査・修理の関連ブログ

雨漏り調査の事例】はこちらでご確認下さい。

雨漏り修理工事の事例】はこちらでご確認下さい。


外壁塗装・屋根塗装の関連ブログ


外壁塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

屋根塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

防水工事・ウレタン防水の関連ブログ


防水工事の事例】はこちらでご確認下さい。

ウレタン防水の事例】はこちらからご確認ください。

お住まいの地域での事例はこちらからご確認ください


お住まいの地域のでの施工事例

この記事を書いたプロ

高松洋平

高松洋平(たかまつようへい)

高松洋平プロのその他のコンテンツ

Share

高松洋平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-110-826

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高松洋平

高松工業有限会社

担当高松洋平(たかまつようへい)

地図・アクセス

高松洋平のソーシャルメディア

youtube
youtube
2017-06-05
google-plus
google-plus
facebook
facebook

高松洋平プロのその他のコンテンツ