まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
高松洋平

経験豊富な知識と技術で雨漏りを確実に止める専門家

高松洋平(たかまつようへい)

高松工業有限会社

お電話での
お問い合わせ
0120-110-826

コラム

瓦からの雨漏り その2 江戸川区

雨漏り修繕

2017年6月21日

前回の、「瓦屋根からの雨漏り」はこちらでご確認ください。

雨漏りの修繕を行う為に、瓦を一時撤去します。

漏れている付近の真上の瓦を撤去すると、防水シートにはシミ跡が付いており

桟木も腐食している状態です。

この部分から室内に雨水が浸入していると思われます。

瓦屋根下の雨漏りの原因箇所

ではどのようにしてこの部分に、雨水が浸入してくるのでしょうか?
のし瓦の状態

隅棟の丸瓦を外してみると、のし瓦の一番上の部分が現れます。
本来は、のし瓦の一番上は、真中から割れていて、もっと勾配をとらなければ、外に雨水は排水されません。

棟部分で再度確認してみましょう。

のし瓦の積み方
一番上ののし瓦は現在割れていない状態になっていますが、本来は真中で割れていて、勾配が取れるようにしておかなければなりません。

半分に割れていない状態ののし瓦では、勾配が緩い為、その下ののし瓦もそれに合わせた勾配にしなければなりません。
ゆるい勾配では、のし瓦内に浸入した雨水が排出されずに、内部に廻り瓦の裏を通って排水されます。
この時に、防水シートに切れや不具合があれば、室内に雨漏りを引き起こしてしまいます。

今回の雨漏りの原因も、のし瓦の勾配が緩く、瓦の裏に雨水が廻り、防水シートの上を伝っている際に、防水シートが切れている所から雨水が浸入している、と考えられます。

再度このようなことが起こらないように、のし瓦の勾配をしっかりと取り、防水シートを敷き直して雨漏りを解決していきます。



雨漏り調査・修理の関連ブログ

雨漏り調査の事例】はこちらでご確認下さい。

雨漏り修理工事の事例】はこちらでご確認下さい。


外壁塗装・屋根塗装の関連ブログ


外壁塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

屋根塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

防水工事・ウレタン防水の関連ブログ


防水工事の事例】はこちらでご確認下さい。

ウレタン防水の事例】はこちらからご確認ください。

お住まいの地域での事例はこちらからご確認ください


お住まいの地域のでの施工事例




雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、  松戸市の雨漏り110番松戸店(高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。}

この記事を書いたプロ

高松洋平

高松洋平(たかまつようへい)

高松洋平プロのその他のコンテンツ

Share

高松洋平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-110-826

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高松洋平

高松工業有限会社

担当高松洋平(たかまつようへい)

地図・アクセス

高松洋平のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2017-06-05
google-plus
Google+
facebook
Facebook

高松洋平のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2017-06-05
google-plus
Google+
facebook
Facebook

高松洋平プロのその他のコンテンツ