まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ青森
西谷俊広

戦略という視点で会社経営を支えるプロ

西谷俊広(にしやとしひろ)

西谷俊広 公認会計士・税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
0177-74-2315

コラム

【豊洲市場に設置した固定資産】

税金ワンポイント

2017年5月30日

「青い森の輝く企業」を応援する西谷会計事務所のコラムにようこそ。皆さんこんにちは。公認会計士 / 税理士の西谷俊広です。

本日は「週刊 税務通信」5月29日号より「豊洲市場に設置した固定資産」の記事を紹介します。青森県の事業者には直接は関係ありませんが、面白いお話です。

東京・築地市場から豊洲市場に移転が延期され、いまだオープンの見込みが立っていません。固定資産の減価償却は「事業の用に供する」ものが対象ですが、国税庁は新市場に設置した固定資産について、減価償却又は評価損の対象として損金に算入できるという取り扱いをまとめました。

具体的には、大型冷蔵庫など通電により機能を発揮している状態にあるものについては「事業の用に供されている」として減価償却費を損金算入できます。また、事業のように供されていないものについては、移転延期に伴い価値が減耗したことにより、事業年度終了時の時価が帳簿価格を下回る場合には評価損の損金算入ができます。いずれも損金経理が要件となります。

公認会計士 / 税理士 西谷俊広でした。

税務・会計のご相談は西谷会計事務所 / 西谷俊広 税理士事務所まで↓

http://www.248nishiya.com/

この記事を書いたプロ

西谷俊広

西谷俊広(にしやとしひろ)

西谷俊広プロのその他のコンテンツ

Share

西谷俊広プロのその他のコンテンツ