まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ青森
西谷俊広

戦略という視点で会社経営を支えるプロ

西谷俊広(にしやとしひろ)

西谷俊広 公認会計士・税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
0177-74-2315

コラム

役員給与改定の注意点

税金ワンポイント

2014年4月1日 / 2014年7月4日更新

弊社で毎月お客様に配布している「事務所ニュース」5月号から、「役員給与を改定するときの注意点」を紹介します。



法人税でいう「役員給与」とは、「役員報酬」と「役員賞与」のことです。役員給与の金額は一年を通じて同額でなければいけません。一年の途中で金額を増やしたり減らしたりすると、税金を計算するうえでは経費になりません。

金額を変更するときは、決算終了後の定時株主総会で改定します。期首から3か月以内に改定すること、改定前の金額が同じであること、改定後の金額が同じであることが要件となります。

3月決算法人の具体的な例をあげてみます。

役員報酬の支給日を毎月月末、5月25日の定時株主総会で役員報酬増額の決議をします。総会直後の5月31日、もしくは6月30日から増額が認められます。

税務・会計のご相談は西谷会計事務所まで。



西谷会計事務所のHPはコチラ↓
http://www.248nishiya.com/

この記事を書いたプロ

西谷俊広

西谷俊広(にしやとしひろ)

西谷俊広プロのその他のコンテンツ

Share

西谷俊広プロのその他のコンテンツ