まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ青森
村岡紀代子

着物文化を伝えながらどんな悩みにも応える着物のプロ

村岡紀代子(むらおかきよこ)

きもの楽装館 和服屋(村岡繊維株式会社)

お電話での
お問い合わせ
0178-23-5291

村岡紀代子プロのご紹介

着方・コーディネート・リフォームまで着物のことならおまかせ!(2/3)

村岡紀代子 むらおかきよこ

着物リフォームで家族の歴史と心も受け継ぐ

 古くから織物がさかんな群馬県桐生市に生まれた村岡さん。呉服の卸売業を営む父のもと、着物に囲まれて育ちました。職人が川で反物を洗ったり、女性たちが生地に刺繍をほどこしたり。手仕事を積み重ねて着物ができあがる様子を、当たり前のように目にしていたといいます。

 やがて父が東北での仕事に注力することを決断。八戸市へ転居後も、誠実な仕事ぶりと確かな目利きで着実に顧客を増やしてきました。そのDNAは、村岡さんの29歳の長男・徹弥さんにも受け継がれています。「分からないことは時間をかけてでも、とことん調べてお話しする。間違った情報を与えてお客様に恥をかかせることだけは、したくないんです」

 現在、盛岡サンサ店を切り盛りする徹弥さん。2011年の東日本大震災をきっかけに、着物リフォームに力を入れるようになりました。「三陸沿岸部に住む方が津波にあった着物を持ってこられて、涙ながらに『この着物をなんとか残したい』と。着られる状態にはなりませんとお伝えすると『残せるだけで十分です』と笑顔でおっしゃった。着物はただ着るためのものではないと気づかされました」

 汚れてしまった着物も、シミ抜きや染め替えを行うことでよみがえる。精力的にリフォームを手がける徹弥さんには、特殊技術を持つ工場との出会いもありました。そこで3年ほど前から年に1度、着物アフターケア診断士を招いてリフォーム診断会を開催。鮮やかによみがえった着物を展示する「ビフォーアフター展」には、毎回多くの人が訪れます。親から子へ、子から孫へ。着物とともに家族の歴史も受け継がれていきます。

村岡紀代子プロのその他のコンテンツ

Share

村岡紀代子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0178-23-5291

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村岡紀代子

きもの楽装館 和服屋(村岡繊維株式会社)

担当村岡紀代子(むらおかきよこ)

地図・アクセス

村岡紀代子プロのその他のコンテンツ