まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ青森
坂下幸夫

子育て世代向け住宅とエコ住宅に特化した住まいのプロ

坂下幸夫(さかしたゆきお)

株式会社コアラハウス

お電話での
お問い合わせ
0178-20-5919

コラム

ツーバイフォー(2×4)工法の結露対策

ツーバイフォー(2×4)住宅

2016年7月10日 / 2016年12月15日更新


湿気に関するコラムでも多少触れましたが、お家に大きな被害をもたらす結露対策についてお話をしてみたいと思います。
まず私たちを取り囲む空気中には水蒸気が含まれています。空気は温度が高いほどたくさんの水蒸気を含むことができますが、急激に温度が下がると、含まれていた水蒸気が水になって表面に現れる、これを結露と呼びます。

住まいの中で、壁の中は内部結露が多い場所です。壁の内側などで発生する内部結露は、知らないうちにお家の腐食を進め、表に現れて来た時には中がボロボロになっているなどの深刻な事態をもたらすので、気をつけなければなりません。

例えば、断熱材に隙間などがあるとそこに温度差が生じて、結露が発生しやすくなります。その点、真四角の空洞を確保しやすいツーバイフォーのパネルは、断熱材を隙間無く敷き詰めやすいというメリットがあります。

空気中の水分から生まれる結露

湿気に関するコラムでも多少触れましたが、今回はお家に大きな被害をもたらす結露対策についてのお話をしてみたいと思います。

「結露って何?」とお考えの方は、冬に家の窓ガラスにたくさんついている水滴のことをイメージして下さい。あれが結露です。
では、結露とは一体どのようなメカニズムで発生するのか?ということをご説明いたします。

私たちを取り囲む空気中には、水蒸気が含まれています。空気は温度が高いほどたくさんの水蒸気を含むことができますが、急激に温度が下がると、含まれていた水蒸気が水になって表面に現れることがあります。これを結露と呼びます。

年間を通じて、私たちの家を出入りしている空気は必ず水蒸気を含んでいますので、温度差の激しい部分にはどこでも結露が生じる可能性があります。

先ほど例にあげた、窓ガラスなどにつく水滴などは目につく場所で起こる結露(外部結露)であるため、私たちは結露が発生していることに気づくことができますが、壁の内側などで発生する内部結露には気づくことができません。

内部結露は、知らないうちにお家の腐食を進め、表に現れて来た時には中がボロボロになっているなどの深刻な事態をもたらすので、気をつけなければなりません。

目に見えない内部結露にはどんな対策があるか

目に見える外部結露であれば、水滴をぬぐい去ってしまうなどの対処も比較的容易ですが、目に見えない内部結露に対してはどう向き合えば良いのでしょうか?

ツーバイフォーは気密性が高いため、家の中のこもった湿気が外に出て行きにくいという欠点があります。

対策のひとつとして、晴れた日などに窓を開けるなどマメに換気を行って湿気を外に出すことが挙げられますが、家づくりの最初の段階から結露が発生しにくい構造をプランニングするということが大切です。

次項では壁を例にとって、そのポイントをご説明いたしましょう。

適切な断熱材の入れ方が結露を防ぐ決め手

内部結露と言えば、多くの業者は壁の中を思い浮かべる程、壁の中は結露が多い場所です。

また壁の中に敷き詰める断熱材は家の中の暖かさ、涼しさを守ることだけでなく、結露にも大きく関係しています。

断熱材に隙間などがあると、そこに温度差が生じて、壁の中に入った水蒸気が結露しやすいからです。

その点、壁の中に筋交いなどがなく、真四角の空洞を確保しやすいツーバイフォーのパネルは、断熱材を隙間無く敷き詰めやすいというメリットがあります。

しかし、その壁に貼られる石膏ボードは、スグレモノではあるのですが、水蒸気をよく通すので、室内の湿気を壁の中に取り込みやすい素材になっています。そこで石膏ボードと壁の内側の間に、気密シートという水蒸気を通さないシートを貼ります。その上で、隙間なく断熱材を敷き詰めることで、内部結露の起こりにくい壁を作ることができます。

しかし、どれだけ結露に強い家を建てても「建てたら建てっぱなし」はよくありません。メンテナンスなどを行うことで、建てた時には気づかなかった問題も出てくるかもしれませんので、なるべく定期点検を行い、問題を未然に解決することを忘れないようにして下さい。

ツーバイフォー(2×4)工法の青森県での湿気対策

この記事を書いたプロ

坂下幸夫

坂下幸夫(さかしたゆきお)

坂下幸夫プロのその他のコンテンツ

Share

坂下幸夫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0178-20-5919

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂下幸夫

株式会社コアラハウス

担当坂下幸夫(さかしたゆきお)

地図・アクセス

坂下幸夫プロのその他のコンテンツ