マイベストプロ青森
櫻井大輔

得意分野は妊活。体の悩みに合わせて提案を行う「漢方」のプロ

櫻井大輔(さくらいだいすけ) / 薬剤師

有限会社平成堂薬局

コラム

疲労が与える不妊・不育症への影響

2021年11月24日

テーマ:不育症・習慣性流産

コラムカテゴリ:医療・病院

コラムキーワード: 漢方薬 効果漢方薬 妊活

(この記事は3分で読めます。専門度★★★)

『不妊』や『不育症』、『習慣性流産』は
血流が悪いことで子宮環境が悪く
赤ちゃんへ十分な酸素・栄養・エネルギーを送れないことや

卵巣・精巣環境の悪さが卵子・精子に与えるストレスで
”染色体異常”を起こしてしまうことが原因です。

今回は『疲労』と”不育症”&”不妊症”の関りをまとめていきます。

疲労は血の巡りを妨げる

中医学では疲れすぎから血流悪化することを
『気虚血瘀』の四文字熟語で表します。

ですがこれだけだと物事の真意が見えませんし
それだけをベースに考えると『補陽還五湯』という
虚ベースで脳卒中になった方に使用する漢方薬の選択になってしまいます。

疲労がなぜ血行不良を引き起こすのか
その原因をしっかり考え、対策することが大切です。

疲労が血行不良を起こす原因

①疲労により生まれた老廃物が血行を詰まらせてしまう
②筋肉が疲れてしまい、血をポンプする力が落ちてしまう
この2つが主な原因です。

老廃物を除去するには

少し前まではこの老廃物は”乳酸”を指しましたが
まだこの考えが正しいかは不明なため自分の中でもっとわかりやすいものに置き換えて説明します。

血が身体中を巡る理由は酸素や栄養を届けるためです。

その中の”酸素”は燃焼してエネルギーを生み
そしてその燃えカスとして”二酸化炭素”を生じます。

こういったものが老廃物となります。

つまり、老廃物を除去するにはより良い酸素を取り込むことが大切でしょう。

良い酸素を取り込むために


疲労(気虚)がメインであれば
人参と黄耆の参耆剤で気を高めて酸素の保持率を高めていきます。

処方では補中益気湯や十全大補湯などが代表的です。

ですがそこに五味子という気の漏れを防ぐ生薬を入れ
生脈散や清暑益気湯、人参養栄湯だとなお良いでしょう。

また漢方だけでなく、酸素なので深呼吸も大切です。

疲れている時は気が付くと呼吸が浅くなりがちです。

疲れで浅い呼吸が続いている時
カラダが無意識に酸素を求めて出るものが”溜め息”です。

つまり溜め息が出やすい人は
溜め息より前にしっかりと深呼吸を意識して行うと疲労も少し緩和する可能性があります。

もちろん酸素濃度の高い緑の多い森林に行くなども疲労を癒してくれます。

酸素カプセル、という方法も現代にはありますね。

猫背などの姿勢が悪いと肺に溜められる酸素量も落ちてしまうため
普段から姿勢を正すことも大切です。

無意識にしている呼吸を大切にすること
また呼吸や酸素だけでなくそれを活かすための身体作りがいかに大事かということです。

筋肉の疲労が血行不良を生む

→次回 『11月29日月曜』にUP予定

青森市 相談薬局 平成堂薬局 櫻井

相談予約をしていただきますとゆっくりと相談できます。
相談予約電話   017-739-0444
   メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      

青森市金沢小通り 生協向かいです。

この記事を書いたプロ

櫻井大輔

得意分野は妊活。体の悩みに合わせて提案を行う「漢方」のプロ

櫻井大輔(有限会社平成堂薬局)

Share

関連するコラム

櫻井大輔プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
017-739-0444

 

あなたの健康への第一歩は
1つのお電話から始まります。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

櫻井大輔

有限会社平成堂薬局

担当櫻井大輔(さくらいだいすけ)

地図・アクセス

櫻井大輔のソーシャルメディア

rss
漢方相談ブログ
2021-11-24
rss
ブログ
2021-11-24