マイベストプロ青森
櫻井宏三

漢方提案と生活習慣アドバイスで根本から健康な身体へ導くプロ

櫻井宏三(さくらいこうぞう) / 薬剤師

有限会社 平成堂薬局

お電話での
お問い合わせ
017-739-0444

コラム

生理周辺に起こる頭痛 ~部位で弁証~

2020年5月28日 公開 / 2020年6月30日更新

テーマ:青森 妊活応援 相談薬局

コラムカテゴリ:医療・病院

コラムキーワード: 頭痛 原因漢方薬 妊活東洋医学


では『痛みの質』によって
虚実や気・血・水などの原因を探りましたが、
今回は『痛みの部位』『痛みの継続時間』『注意点』について
まとめていきます。

痛む部位

「『頭痛の部位』ってそりゃ頭だよ」と
思ってしまうかもしれませんが、
頭の中でも前頭部、後頭部、目の奥、コメカミ、頭頂部など
意外と様々な部位で痛みは起こります。

また
その”痛みの起こっている部位”が含んでいる情報は
とても重要で、
それぞれの経絡を司る臓腑や経絡自体に異常があることで、
経絡上の部位で痛みを生じるなどが起こります。


側頭部(コメカミ)痛

よく頭痛を感じやすい部位ではコメカミ(側頭部)
が挙げられますが、これは少陽経という経絡が関わる部位です。

少陽では三焦経と胆経の2種がありますが、
三焦経は西洋医学でのリンパ管・リンパ節・リンパ液みたいな
ものですので全身の気や水のバランスが関わることで
起こりやすいです。

目が回るほどに忙しい時や極度に
強いストレスを感じた時に
コメカミが痛くなるタイプの頭痛です。


コメカミに痛みを感じることは、
普段頭痛持ちじゃなくても体験したことはあるでしょう。

その部位で
前回まとめた痛みの質(張痛や脈痛、鈍痛etc)を
さらに考えることで、
少陽経での気滞・気虚・血虚・血瘀・湿痰・火邪・寒邪などを
考え、漢方を出していきます。

気滞には小柴胡湯や逍遙散などの柴胡剤、
気虚には裏の肝気虚を考えた黄耆建中湯、
血虚には四物湯ベースに状況により補気活血を合わせ、
血瘀には血府逐瘀丸などを、
湿痰には五苓散などの利湿剤や半夏厚朴湯などの半夏剤を、
火邪には加味逍遙散や温胆湯、竜胆瀉肝湯を、
患者には呉茱萸湯などを考えていきます。

少陽胆経の表裏肝経にある肝経も関わった頭痛であることも
多く、スマホやPCで目を酷使し、目の奥が痛くなることに
連動して側頭部痛になることもあります。

この場合は目の酷使による肝血虚により起こっているので、
肝血を補い、場合によっては目の過労から来る熱邪を清め、
補助していきます。

また台風や雨が降る前日、
つまり気圧の影響で頭痛が出る場合も気滞が原因であり、
同様の処置で緩和するでしょう。


前頭部痛

前頭部はコメカミの次に痛みの訴えが多い部位に感じます。

また前頭部は陽明経が走っている部位であり、
陽明経は大腸経と胃経からなります。

前頭部が痛いというよりも重たい
と感じる人も多いのではないでしょうか。

ここに水毒が溜まっている場合や、
気血の虚損があるとここが空虚や濁で満たされ、
頭痛を生じます。

先に挙げた気圧の変化での頭痛に近いですが、
雨の日の前の日でなく、湿度が高くなる雨の日当日に
頭重感が強く出るタイプが湿痰邪による頭痛であり、
半夏白朮天麻湯や五苓散などを使用していきます。


どちらも水毒による頭痛やめまい、吐き気などに
使用するために使い分けが難しいように感じますが、
舌の見方が分かれば苔の厚さや湿潤の状態で
痰か湿を見分けたり、
症状では飲んでも喉の渇きがある場合は五苓散、
無い場合は半夏白朮天麻湯、
また腹部の振水音が強い方が五苓散であり、
半夏白朮天麻湯は脾胃の虚が強く水毒を生成する為、
食欲不振や軽度な胃もたれなどの有る無いで鑑別していきます。

気血の虚により空虚な痛みが前頭部で起こっている場合は
補中益気湯+四物湯や十全大補湯、人参養栄湯などで
補気補血を行っていきます。

また、例外、といっても結構な頻度であるのですが、
経絡など関係なく副鼻腔炎などにより前頭部痛へ
波及する場合もあります。

生理前後で副鼻腔炎への影響が強まると
これによる痛みもあり得ます。

が、時によっては副鼻腔炎症状が感じられず、
中でだけ起こっている場合もあるので、
これはなかなか難しい状態です。


後頭部痛

「風邪のひき始めには葛根湯」

漢方の中で一番有名なフレーズだと思います。

実は風邪のひき始めだからといって
葛根湯でない場合もありますが、
それは置いておいて、風邪をひいて後頭部の頭痛が出ていたり、首筋に強張りを感じたり首コリが強まり、
寒気なども感じる場合には葛根湯です。

後頭部は太陽膀胱経が走っており、
風邪は太陽経から寒邪が入ってくるため、
その部位での頭痛が現れることもあるのです。

それ以外にも肩こりが原因で首~項まで引きつり
後頭部痛へ影響してくることもあります。


その場合には首コリの原因である気滞・血瘀・水滞などへ
アプローチし、改善していきます。

柴胡剤に枳実も入った四逆散、大柴胡湯、柴胡疎肝湯と
活血剤の桂枝茯苓丸や血府逐瘀丸、
また水滞はその状態に合わせた利湿化痰剤を使用していきます。

頭頂部痛

頭頂部痛は馴染みがないように感じるかもしれませんが、
かき氷を一気食いして頭がキーンと痛くなるものが
それに当たります。

頭頂部に限らず、コメカミがキーンとなる方もいると
思いますが、肝・胆経に異常が発した時に起こっており、
この場合は急激な冷えが原因です。


このような冷えが原因の場合には呉茱萸湯を使用していきます。

これは冷えに関わるものですが
、肝経は気滞や血瘀、血虚、湿痰、火邪など
様々な病態と絡みますので、それぞれ弁証することで見極め、
また香附子・川芎などの厥陰系の引経薬なども含めて
調節すると良いでしょう。

注意点

かき氷を食べて痛みが出たという明白な原因が
あるなら良いですが、
強い頭痛や片頭痛、吐き気が連動する頭痛というだけで
呉茱萸湯を出している医師を多く見かけます。

「漢方は副作用が無い(出にくい)から、
とりあえず出しておこう」という具合で呉茱萸湯を
出されたらたまりません!

呉茱萸湯は良いお薬ですが、
温める力が強い為、寒邪が原因でない場合には
身体に負担になってしまう場合もあります。

先日は、頭痛でなく下痢での相談でしたが、
下痢=お腹の冷えという短絡的な考えで、
「お腹を大建中湯で温めましょう」と温めたら
舌苔が黒くなっていた方の相談にのりました。


下痢は良くならず、体調も改善せず・・・

しかも西洋薬ではただ単に下痢を止める処方も
併用していました。

体内に熱が籠っているのにさらに温めるお薬を出して、
かつ身体の毒素を解毒せずむしろ排出を止める処方を
出すとは・・・

この方の場合は悪いものが出ているための正常な下痢なので、
適切に出してあげなければいけません。

思っているより医師の出す漢方はかなり短絡的で、
寒熱や虚実すら見ていないどころか考えてもいないのは
恐怖です。

「お腹が冷えているから」と考えるなら冷えがあるのか
確認はしないのでしょうか?

舌を見たら苔が黄色が強く、
さらに舌は赤いため絶対に冷えは無いのはわかるはずですが・・・

決して一つの情報だけで症状を考えず、
今回まとめているように痛みの質・部位・時間帯などの
多角度から物事を整理することが重要です。

その為には、こちらも頑張って頭をこねくり回して考えますが、普段の自分の状態は自分でしかわからないこともあるので、
自分を観察して自分を知ることで症状を改善し、
そして妊娠力を上げて妊娠・出産というゴールに
辿り着きましょう!



https://heiseidou.net/

https://heiseidou.net/free/1st

https://ameblo.jp/sakura-kampo/

青森市 相談薬局 平成堂薬局 櫻井

相談予約をしていただきますとゆっくりと相談できます。
相談予約電話   017-739-0444
   メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      

青森市金沢小通り 生協向かいです。

この記事を書いたプロ

櫻井宏三

漢方提案と生活習慣アドバイスで根本から健康な身体へ導くプロ

櫻井宏三(有限会社 平成堂薬局)

Share

関連するコラム

櫻井宏三プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
017-739-0444

 

あなたの健康への一歩はお気軽なご連絡から始まります。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

櫻井宏三

有限会社 平成堂薬局

担当櫻井宏三(さくらいこうぞう)

地図・アクセス

櫻井宏三のソーシャルメディア

rss
漢方相談ブログ
2020-07-01

櫻井宏三プロのコンテンツ