マイベストプロ青森
櫻井宏三

漢方提案と生活習慣アドバイスで根本から健康な身体へ導くプロ

櫻井宏三(さくらいこうぞう) / 薬剤師

有限会社 平成堂薬局

コラム

糖質は冷えを生む?

2020年3月18日 公開 / 2020年9月30日更新

テーマ:青森 妊活応援 相談薬局

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 東洋医学漢方薬 効果

「糖(甘味)は冷えを生む」


という表現をよく目にするようになりましたが、
本当にそうでしょうか。


厳密には糖の中でもサトウキビ由来の”砂糖”の
五性は”涼性”なので、確かに身体を冷やす作用があります。




また西洋医学的にも「糖質を摂る→血糖値上昇→
インスリン分泌→血糖値下降→合わせて体温低下」
という理屈から糖質全般が身体を
冷やす要因になると言われています。


ですが、これは「冷えは大敵!」
とばかり述べたい方の一方的な情報からなると
思ってしまいます。


まず、白砂糖以外の糖質(甘味)は限りなくありますが、
その中でも”平性”や”温性”のものもたくさんあります。


また血糖値降下の時に体温低下するというなら、
血糖値が上がる時に体温が上昇するのも忘れてはなりません。


さまぁ~ずの大竹さんがかなり昔ですが
「おにぎり一個食べると身体が温かくなる」
と言っていたことがありましたが、
私も同じ体質でした。




体感するほどに温まる人は少ないと思いますが、
血糖値の上昇は体温を上げるのです。


「糖質は冷えを生む」に対する答え



体温エネルギーや身体を動かす為に必要なエネルギーは
脂肪酸と酸素の燃焼により作られます。


この脂肪酸の主成分は糖質であり、
つまり糖質がないと体温エネルギーは生まれないのです。


さらに、アトピー性皮膚炎の人は
甘味で痒み・赤味・熱感が強まるように、
ほとんどのケースで炎症が強まります。


女性も、甘いものを食べ過ぎたら肌荒れ(ニキビ)や
口内炎が出来やすくなると感じる人も多いでしょう。


これは局所的な炎症であり、
つまり糖が熱を生んだ結果です。





ですが、そういった人ほど部分的な炎症は強くても
手足末端やお腹周りは冷えています。


つまり、
糖質は冷やすのか?温めるのか?の答えは


どちらも引き起こし、身体の寒熱バランスを崩す。
が正解です。


しかしこれは、
冷えだけよりも厄介な状態なのです。


糖が寒熱バランスを崩す流れ



東洋医学的には甘味の摂りすぎは
体内に湿邪を生むと考えられます。


糖分が湿邪を生む理屈は、
例えば飴玉を舐めた時にホッペに1分くらい
付けておいてみてください。





付けた後のホッペがシワシワになりますが、
これは水分が吸い取られてしまうために起こります。


同じように身体の中に糖分のムラがあると、
そこに水分が集まってしまい、
本来巡るべき水分の流れが滞ってしまい、
湿邪となるのです。


また、湿邪は陰邪であり”寒”の性質を持ちますが、
湿邪がリンパの流れを停滞させ、
本来全身に流れるべき体温などのエネルギーも
鬱滞させてしまいます。


エネルギーが集まると熱が産まれ、
湿に熱を帯びた湿熱となり、
その水分が燥化すると湿→痰となってしまいます。


痰はやまいだれに炎と書き、
火が二つもいるほどに熱を孕んだ状態と言うことです。


また更に痰化した部分は熱を溜めてしまいますが、
その先には陽気(体温)が通わず冷えを生んでしまいます。


ただの冷えは温めればいいですが、
寒熱錯雑状態であれば冷えているところは温め、
熱を持っているところは冷まし、
また湿痰という粘り気があり頑固な邪も
取っていかなければ根本的な体質改善にはなりません。




糖質が寒熱バランスを崩すことの複雑性が
見えてきたでしょうか。


糖質はエネルギーを生む最大の仲間


糖質や甘味は冷やす、汚れになる、
炎症を生むなどとヒドイ言われようですが、
糖質は身体を動かすエネルギーや体温エネルギーはもちろん、
卵子を成長させるためにも絶対に必要なものです。


妊活においてミトコンドリアの活性化も謳われていますが、
ミトコンドリアはあくまで卵子に与えるエネルギーを
生み出す工場であり、そこに糖質というエネルギー素材が
無いと良い卵子は育ちません。


糖質(炭水化物)が悪者という風潮が強まっていますが、
そこで極端な脱炭水化物をしたことで、
むしろ冷え・疲労・月経時の不調が強まっている人も
たくさん見ています。


低炭水化物ダイエットや脱炭水化物などが叫ばれ、
悪役にされがちな糖質ですが、腫れ物扱いしないで
上手に付き合って仲間にしていくことが大切だと思います。


上手に仲間にすると、卵子の質の向上や冷えの改善などに
繋がり、とても頼りになる仲間となるでしょう。





上手に付き合うというのは
脱炭水化物や糖質過剰など極端に振り切った付き合いではなく、『適度に食事の中では炭水化物を主食にしつつ、
3食以外での甘味はなるべく控える』この程度で良いのです。(この程度と言っても簡単ではありませんが)


「3食以外での甘味は控える」と書いていますが、
時にストレス発散などの為に一時的な欲求を満たすために
甘味を食べるのはやむなしです!


甘いものを我慢しすぎもストレスになり、
我慢しなさすぎも汚れとなるので、
自分にちょうど良い糖質との付き合い方を
習慣づけていくと良いでしょう。


また、同じ量の炭水化物を摂るとしても、
急激に血糖値を上げないように食物繊維と一緒に
食べるなどの工夫も大事です。


そうやって上手に付き合っていくと、
これ以上ない素晴らしい仲間となり、
コウノトリとなってくれる可能性もあります。





気を付けているのに、生まれつきの体質により
糖質が溜まりやすい(脂肪がつきやすい)場合や
舌・不定愁訴からも水毒が伺える場合は、
他の人よりも主食の炭水化物の量は減らしたり、
また食事だけでなく、運動や漢方などの
多角度から養生の必要があります。


また、一度身体にはびこった湿痰邪はそう簡単には取れません。


漢方での化痰剤、これ以上湿痰を増やさない食事指導、
汚れを燃焼し、デトックスを促す運動などを
駆使してもある程度の時間はかかります。


ですが、「時間がかかるから」と放っておけば
状態は改善しないばかりか、どんどん悪化し
赤ちゃんはコウノトリは遠くへ飛んで行ってしまいます。


今までで汚れを貯めこんでしまっている方は、
今までも自分だけでは上手くいっていないのですから、
これからも自分だけでは上手くいかないでしょう。


ネットの情報や本、噂などを聞いて試してみるのも良いですが、それで何度も失敗しているのであれば、
お金と時間はどんどん減っていくばかりです。


特に妊活では時間は有限であり、
無駄に過ごすほどに赤ちゃんは遠のいていくので、
専門家に相談するという今までにない方法により、
個々の状態に合った食生活や運動をアドバイスいたしますので、必要性を感じましたらご相談ください。





さらに詳しくは

https://heiseidou.net/

https://ameblo.jp/sakura-kampo/





青森市 相談薬局 平成堂薬局 櫻井

相談予約をしていただきますとゆっくりと相談できます。
相談予約電話   017-739-0444
   メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      

青森市金沢小通り 生協向かいです。

この記事を書いたプロ

櫻井宏三

漢方提案と生活習慣アドバイスで根本から健康な身体へ導くプロ

櫻井宏三(有限会社 平成堂薬局)

Share

関連するコラム

櫻井宏三プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
017-739-0444

 

あなたの健康への一歩はお気軽なご連絡から始まります。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

櫻井宏三

有限会社 平成堂薬局

担当櫻井宏三(さくらいこうぞう)

地図・アクセス

櫻井宏三のソーシャルメディア

rss
漢方相談ブログ
2020-09-28

櫻井宏三プロのコンテンツ