マイベストプロ青森
櫻井宏三

生活習慣改善のアドバイスと漢方相談を行う漢方・薬剤のプロ

櫻井宏三(さくらいこうぞう)

有限会社 平成堂薬局

コラム

青森市のインフルエンザ情報と漢方薬

2019年2月1日 公開 / 2019年2月18日更新

テーマ:青森市 漢方相談薬局



今日は1日中マイナスの気温で風も強かった
最高気温がマイナス3度でした、寒かった

このコラムの前回から3日経過しての

青森市内の小中学校のインフルエンザ状況


インフルエンザで欠席者数が100人を越えていた
近くの西中が なんと 0人になっています。

病院に行き、検査をして、安静にして休んで
薬を服用するとこんなに落ち着くのです
よかったです。

2月1日現在は沖館小学校が47人です。
あとの学校は0~十数人になっています。

病院は今年は1回服用のお薬も登場して
これまでものインフルエンザのお薬もあり
良く効いているようです。

風邪の場合


普通に売っている風邪薬だと
特別な場合を除いて
パブロンやルルとか
年齢によって服用量を間違わなければ飲みますよね
これらは熱、頭痛、のどの痛み、咳、鼻水とかの
風邪の症状を抑えるお薬です。
大事なのは
治しているのは自分の力ということです。

なので、風邪薬を飲んだら
温かくして休んでもらいたいです
風邪薬を飲んだから遊びに行くなんて
もってのほかです。
身体を温かくして、しっかりと休むことで
風邪(敵)をやっつけます。

漢方薬ですと


風邪だから 葛根湯 とか
インフルエンザなので 麻黄湯 とか
は 決まってはいません
パブロンやルルとは違います
その人その人、その具合、元気さとかに
よって、同じ人でもお薬が違います
風邪だから葛根湯ではないのです
インフルエンザには麻黄湯 ではないです
かえって 
体調が悪くなる事もあります

その時の自分に合った漢方薬を
しっかりと選んで飲みましょう。

分からないときには適当に飲まないで
漢方薬を勉強しているお薬屋さんに
相談をして選んでもらってください。

上手くいくと風邪には1服で楽になることが
よくあります
長びいていると1服とはいかないですが
パブロンとかと違う効き目を感じると思います。
だからと言って、無理をしてはいけませんが...

風邪の時は
熱がいつもより上がります
特にインフルエンザの時は高熱です
これは熱を上げて
敵をやっつけているのです

もともと体温が低い人は
最初から やっつけられそう
温かい方が有利です

日本人の体温が昔に比べると
だいぶ低くなったそうです

青森は特に
冷たいものもよく摂っているようです
日頃から 冷たいものの飲み過ぎ食べ過ぎに
要注意です
この寒いのにアイスを食べている人もよくいます
間違っていることに気がつかないと
短命県返上はできないです。

ご自分の体を守るのは自分です
生活習慣に気をつけてください。

とか、インフルエンザや風邪と違う方向になりました。

最初の写真のお花はアザレアです
春が身近に早く来るように今月プレゼントしています。

青森市 相談薬局 平成堂薬局 櫻井

相談予約をしていただきますとゆっくりと相談できます。
相談予約電話   017-739-0444
   メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      

青森市金沢小通り 生協向かいです。

この記事を書いたプロ

櫻井宏三

生活習慣改善のアドバイスと漢方相談を行う漢方・薬剤のプロ

櫻井宏三(有限会社 平成堂薬局)

Share
関連するコラム

櫻井宏三プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
017-739-0444

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

櫻井宏三

有限会社 平成堂薬局

担当櫻井宏三(さくらいこうぞう)

地図・アクセス

櫻井宏三プロのコンテンツ