まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ青森
櫻井宏三

生活習慣改善のアドバイスと漢方相談を行う漢方・薬剤のプロ

櫻井宏三(さくらいこうぞう)

有限会社 平成堂薬局

コラム

風邪の後に、いつまでも残るしつこい咳に

青森市 漢方相談薬局

2018年6月16日 / 2018年9月22日更新

竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)


発熱後、熱は下がったけれど咳だけが残り今ひとつ体調が良くない。

原因は、体の奥に残っている熱の場合があります。
この熱が体を潤す体液を減らすことにより、体の中は乾燥してきます。
その結果、気管支が乾燥し、敏感になり、炎症を起こし、少しの
刺激で咳が出やすくなってしまいます。

竹葉石膏湯は体液を増やし気管支を潤して、炎症を鎮め、
風邪の後にいつまでも残るしつこい咳を鎮めます。

◆咳は大きく分けると乾性の咳と湿性の咳の2つに分けることができます。
もちろん、これだけではないのですが、、、
乾性の咳の特徴 (竹葉石膏湯タイプ)
①顔を真っ赤にして激しく咳込む。
②痰の量は少なく、粘く切れにくい。
③喉が渇いたり、詰まったりなどの違和感がある。

湿性の咳の特徴 (小青竜湯タイプ)
①痰はサラサラしていて無色、量が多い。
②鼻水、鼻閉を伴うことが多い。

青森市 相談薬局 平成堂薬局 櫻井

相談予約をしていただきますとゆっくりと相談できます。
相談予約電話   017-739-0444
   メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      

青森市金沢小通り 生協向かいです。

この記事を書いたプロ

櫻井宏三

櫻井宏三(さくらいこうぞう)

櫻井宏三プロのその他のコンテンツ

Share

櫻井宏三プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
017-739-0444

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

櫻井宏三

有限会社 平成堂薬局

担当櫻井宏三(さくらいこうぞう)

地図・アクセス

櫻井宏三プロのその他のコンテンツ