まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ青森
石倉伸一

労働問題、年金、労働・社会保険のプロ

石倉伸一(いしくらしんいち)

青い森いしくら事務所

コラム

無期転換ルールの特例に関する申請をする場合はお早めに!

労働・労務管理

2017年12月26日

 昨年10月、「マイベストプロ青森」のコラムにおいて「有期労働契約から無期労働契約への転換制度」の概要をご説明いたしました。

 無期労働契約への転換制度は、平成25年4月1日に改正労働契約法が施行され、「無期転換ルール」が規定され、施行から5年を迎える平成30年4月以降、多くの有期契約労働者の方へ無期転換申込権の発生が見込まれています。

 無期転換ルールへの対応に当たっては、中長期的な人事労務管理の観点から、さまざまな検討が必要です。まだ準備が進んでいない企業におかれましては、早期に検討・対応する必要があります。

 無期転換ルールの適用に当たっては、有期雇用特別措置法により、定年後引き続き雇用される有期雇用労働者等については、都道府県労働局長の認定を受けることで、無期転換申込権が発生しないとする特例が設けられています。

 認定を受けるためには、本社を管轄する労働局に対し申請を行う必要がありますが、労働局において審査を行うため、申請から認定を受けるまでには一定期間を要します。

 現在、この特例に関する申請が全国的に増加しており、管内に本社の多い東京・埼玉・千葉・神奈川・静岡・愛知・大阪・福岡労働局においては特に申請が急増していることから、認定を受けるまでには通常よりも時間がかかる場合があります。

 このため、平成30年3月末日までに認定を受けることを希望される場合は、全ての労働局において、平成30年1月までに申請していただきますようお願いします(※)。

※ ただし、申請件数や審査の状況によっては、平成30年1月までに申請いただいた場合であっ ても、平成30年3月末日までに認定を受けることができない場合がありますので、ご留意くださ い。また、平成30年2月以降の申請については、認定が平成30年4月以降になる場合がありま す。

 厚生労働省では、各企業が無期転換ルールへ適切に対応できるよう、さまざまな支援を行っています。また、特例に関する申請書の作成・提出に当たっては、記載例、チェックリストなどをご用意しています。
 
【お問い合わせ先】
 無期転換ルール特別相談窓口
 https://mhlw.lisaplusk.jp/jump.cgi?p=2&n=34
【詳細はこちら】
 有期契約労働者の無期転換ポータルサイト
 https://mhlw.lisaplusk.jp/jump.cgi?p=3&n=34

                                                    厚労省HPより引用

 今年も残すところ数日となりました。
 「マイベストプロ青森」のコラムにつきましては、タイムリーな情報発信を心がけておりましたが、ままならない時期もございました。
 来年は今年以上にコラム掲載を目指したいと思っております。
 ご覧いただきました皆様方には、あらためまして御礼申し上げます。
 来年もよろしくお願いいたします。
  よいお年をお迎えください。

この記事を書いたプロ

石倉伸一

石倉伸一(いしくらしんいち)

石倉伸一プロのその他のコンテンツ

Share

石倉伸一プロのその他のコンテンツ