マイベストプロ秋田

コラム

我が家の御本尊は??

2020年7月11日

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 仏壇仏具

みなさま、こんにちは。
秋田県大館市にて、小さい仏壇屋を営む伊藤と言います。
おかげさまで、当店も創業50年以上経ち、私達で3代目となりました。
時代の流れの中、仏事に対する考え方も少しずつ変化していると感じでいます。その中でも、手を合わせて祈るという事は、やはり日本人にとって、現代も変わらず大切なものなのではないかと思います。

さて、私は毎日「お仏壇」にまつわる仕事をしている訳ですが、今回はお仏壇の中でもっとも重要なもの、についてお話ししたいと思います。

お仏壇の中でもっとも重要なもの、、、それは「御本尊」です。いわゆる「仏さま」と言ったほうが馴染みがあるかもしれませんね。

御本尊は、お仏壇の一番上段の真ん中に安置していることが多い「仏像」や「掛け軸」の事です。
どの宗派でも信仰の対象として最も大事に扱われるもので、仏壇に安置する物でも最も重要なものと言えます。

主に仏壇を新たに用意した時に行う、仏壇の「
御魂入れ」の法要は、別名「開眼供養」と言い、「御本尊」に「魂」を入れて「眼」を開く法要と言われています。そうして「魂」が込められ、ただの仏像ではなく仏となった御本尊を安置し、祈りを捧げていく場所、これが仏壇なのです。

今この世に生きている私達も、お位牌に宿る亡くなった家族も、お仏壇の中の「御本尊」に対して手を合わせている、ということになっています。
ですから、基本的にはお位牌が御本尊より高くならないように安置しましょう。

しかし実際のところ、やはり亡くなった家族の冥福やこちらの日々のご報告として、お位牌に向かって手を合わせている、という気持ちの方が多いと思います。
もちろん、間違いではありませんが、御本尊の基本的な考え方について、まずは知っておいていただきたい、と思いお話し致しました。

一例をあげますと、浄土真宗は阿弥陀如来、曹洞宗は釈迦如来、というように宗派により対象としている御本尊は異なりますので、是非今一度確認してみましょう!
毎日のお祈りにさらに実感がこもってくると思いますよ。

この記事を書いたプロ

伊藤百恵

祈りの空間プロデュースのプロ

伊藤百恵(仏壇の齋藤)

Share

伊藤百恵プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0186-42-3886

 

〈平日9:30~17:00 担当:伊藤〉

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊藤百恵

仏壇の齋藤

担当伊藤百恵(いとうももえ)

地図・アクセス

伊藤百恵プロのコンテンツ