マイベストプロ秋田
土田茂

独立系ファイナンシャルプランナー!家族の人生設計を支えるプロ

土田茂(つちだしげる) / ファイナンシャルプランナー

ライフ・デザイン・ラボ

コラム

開業丸9年!10年目に突入するにあたり。

2021年7月7日

テーマ:ライフプラン

コラムカテゴリ:お金・保険

コラムキーワード: IFAファイナンシャルプランナー 相談資産管理

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの土田です。

本日2021年7月7日を持ちまして、ライフ・デザイン・ラボが開業から丸9年となりました!
過去を振り返れば短いと感じるものですが、紆余曲折ありなかなかに波乱に満ちた9年でした。

しかし、9年もやって来られたのは偏にお客様皆様のお陰です。

本当に感謝申し上げます。

この開業からの9年を振り返ってみると
2021年は4月から開業に向けて東京に行き、正に研修三昧でした!
東京スカイツリーの開業の年でもあり、開業前の東京スカイツリーを眺めていたのを覚えています。

日経平均株価は2012年7月の最高値が9,136円でしたが、その後アベノミクスによる金融緩和の影響で28,000円台と三倍になりました!NYダウも13,128ドルから34,000ドル台になり3倍近い成長をしています。

実に資産運用をしている方とそうでない方では資産に大きな差が生まれた9年でしたね。

とはいえ日本の衰退も顕著になってきた9年でもありました。
名目GDPは日本が500兆円から560兆円(今年のIMF予測)に対し、アメリカは16兆ドルから22兆ドルと1ドル110円換算で660兆円も増加しました(日本のGDP以上の成長…)世界中でGDPがほとんど増えないのは日本くらいで、どんどん日本が没落していっているのが分かります…。

そして、残念ながら今後ますます、日本は衰退していく可能性が高いでしょう。

前述の通り、経済成長が止まっているのに加え、少子高齢化により社会保障(医療・介護・年金)の負担が増えていきます。最近の日経新聞でも日本の衰退を伝える記事が増えました。
※過去ブログでも取り上げました。

今まではデフレで物価上昇があまり顕著でなかったのですが、中国やインドなどアジア人の給料が上がってきた結果、今まで日本に輸出していた魚介類や農作物も海外で売った方が高く売れるようになり、日本人の食卓には上がりにくくなってきています。そうなると当然価格は上昇(インフレ)するでしょうから、運用してインフレに強い家計かそうでないかで「格差」がさらに拡大していくことは間違いないでしょう。やはりリスクを取っても資産にも働いてもらう必要があります。

今までの「日本はリスクを取らないリスク」についてあまり語られて来なかった国です。
確かに「一億総中流社会」のときはリスクを取らないことが正解でした。
しかし、もうすでに一億総中流社会は幻想となっているので「リスクを取らないリスク」に向き合う必要があります。

ライフ・デザイン・ラボはこれからも、お客様の人生のリスクに向き合い、「安心」して今も将来も暮らすためのサポートをして参ります。その結果、ファイナンシャル・プランナーの本来の仕事である。

「顧客の夢の実現をサポートする、人生の伴走者」

として皆様とこれからも末長いお付き合いができるよう、今後も研鑽に努めもっと成長したく思います。

コロナの影響はまだまだ続きそうですが、オリンピックも始まりますし、世の中明るくなっていくと良いですね!

10年目もよろしくお願い申し上げます!

お問合せはこちらからどうぞ。

この記事を書いたプロ

土田茂

独立系ファイナンシャルプランナー!家族の人生設計を支えるプロ

土田茂(ライフ・デザイン・ラボ)

Share

関連するコラム

土田茂プロのコンテンツ