まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ秋田
佐藤暢也

安全・確実なインプラントと総合歯科治療のプロ

佐藤暢也(さとうのぶや)

秋田インプラント研究会(代表)

お電話での
お問い合わせ
018-857-1040

コラム

リレーコラム

インプラントの治療手順 
 よくインプラントの治療はどのようにするんですかときかれますが、まずうまくインプラントが埋め込めるか+どうか検査を行う。そして計画を立案して、問題がなければインプラントを埋める手術をする。インプラントが骨に完全に固定されると土台の装着をおこなった後、義歯の作製をします。その後メインテナンスと続きます。
インプラント治療においては、インプラントを顎の骨に埋入する手術(インプラント埋入手術)をおこなうのですがインプラント治療の方法として2回法と1回法があります。2回法はインプラント埋入手術と、インプラントの上部の粘膜を切開する手術の2回の手術が必要です。 骨の造成が必要な場合は、インプラント埋入手術の前に別個におこなう方法インプラント埋入手術と同時おこなう方法があります。
インプラント埋入した後、一定期間を経て、型を採ってインプラントの上に付ける義歯の作成をおこない、義歯を装着します。
インプラント治療が終了した後、定期的に治療を受けた歯科医院に通院し、インプラント治療を受けた部位を含めて問題が無いかを診てもらうことを「メインテナンス」と呼びます。 治療を受けた部位に何も不具合が無い場合も、定期的に通院して診てもらうこと(メインテナンス)は、治療した状態を長期良好に維持するために大変重要です。
                        文責 キャッスル歯科  工藤 卓奥

この記事を書いたプロ

佐藤暢也

佐藤暢也(さとうのぶや)

佐藤暢也プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤暢也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
018-857-1040

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤暢也

秋田インプラント研究会(代表)

担当佐藤暢也(さとうのぶや)

地図・アクセス

佐藤暢也プロのその他のコンテンツ