まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ秋田
本庄忠

労働問題の予防・解決のプロ

本庄忠(ほんじょうただし)

本庄忠社会保険労務士事務所

本庄忠プロのご紹介

労働トラブルの予防・解決の専門家(1/3)

本庄忠 ほんじょうただし

「特定社会保険労務士」とは?

「ここ数年、職場における労働トラブルが急増しています。しかし、専門家に相談するのはごくまれで、泣き寝入りしているケースが多いと考えられます」と本庄忠社会保険労務士事務所の特定社会保険労務士、本庄忠さんは話します。

 特定社会保険労務士とは、不当解雇や賃金不払い、セクハラやパワハラなど、労働トラブルの急増を受け、これらを裁判せず「話し合い」によって迅速に解決するADR(裁判外紛争解決手続)の専門家。社会保険労務士対して2007年から新たに設けられた資格で、『厚生労働大臣が定める研修を修了』し、『国家試験の「紛争解決手続代理業務試験」に合格』した専門家です。
 特定社会保険労務士は、依頼者の代理として手続きや意見陳述、相手方との和解交渉、和解契約の締結などを進め、双方が納得できる和解案でトラブルを解決します。
 この際、経営者は裁判になった場合の企業イメージの低下やリスクを回避できます。また、トラブルの解決に時間を費やすことなく本来の業務に専念できます。労働者は解雇やセクハラなどのトラブルを個人で解決する肉体的、精神的労力を軽減することができます。
 「秋田県は約99%が中小企業。そのうち、社会保険労務士が関与して労働関係のトラブルに社会保険労務士を活用している企業は、約20数%程度と言われています。トラブルを未然に防ぐためにも、日ごろから我々専門家をもっと活用していただきたいですね」

本庄忠プロのその他のコンテンツ

Share

本庄忠プロのその他のコンテンツ