まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
山田昌昭

注文住宅の新築から大規模リフォームまで手がける大工職人

山田昌昭(やまだまさあき)

株式会社友建

お電話での
お問い合わせ
0568-65-9401

山田昌昭プロのコラム一覧:大工の出来る事

 白蟻(シロアリ)被害について 弊社でもよく、雨漏れや腐れ、床のゴワツキや羽蟻の発生等で出会う事になる白蟻(シロアリ)についてのお話です。写真は、鉄骨造の建物壁から雨漏れがして白蟻の被害にあった物件の壁体内部の被害写真と、床が抜けた物件の床下材の被害写真です。どちらも元...

 減少が続く大工 友建では、減少している大工職人の育成に力を注いでいます。大工の人口は10年後には更に半数になると言われています。 しかしながら、10年一人前といわれる大工職でこの状況は手遅れとも考えられています。 友建は私が約8年前にこの状況を憂いて発起した会社です。発起当初...

 第5回大工の多能化  大工の仕事は10年一人前と言われています。これは異業種でも言える事ではないでしょうか。しかし、人の人生は長い。社会人として40年は仕事をする事になるでしょう。友建では、社員に10年後には何も学ばないのかと問いかけます。もう10年学べば他の仕事でも一人前となれ...

 第四回「友建の育成方針」  大工は家を造る事を生業としている事から、各々が判断し、行動し、家を造る事になります。大工の仕事の多くは、マニュアルを作る事が出来ず、家により判断も行動も変わっていきます。 大工の仕事は日々精進であり、どんな単調な仕事でも品質と効率について日々考...

  古い慣習との戦い 社員を採用するにあたりまず直面したのが、古い慣習である丁稚奉公(でっちぼうこう)という考え方でした。多くの工務店が大工を若手採用するに当り、今でも取り入れているのが丁稚奉公です。私も京都で修業をした際にはこの言い方による採用でした。基本的な給料という考...

 第二回 若手の社員積極採用と高齢者大工の社員採用 友建では、積極的に毎年若手の採用を行っています。その為には安定的な仕事の供給が必要となります。若手に内面からの教育と高い目的意識を持たせる事で、強い施工力と高い品質を確保しながら信頼を確保し施工量を確保し続けて来ました。...

友建を知って頂く意味もあり、しばらくの間、友建の取り組みや仕組み作りについてコラムを書きたいと思います。お時間がありましたら、お付き合い頂けると嬉しく思います。第1回として、友建を創業するきっかけとなった。大工の減少について書きたいと思います。第一回 大工の人口減少と高齢化...

久し振りのコラム投稿となります。建築業界の繁忙期も一段落つき、弊社も昨年比で35%受注増と忙しい毎日を過ごしております。ご愛顧本当にありがとうございます。弊社では昨年度より「かかりつけ大工」という言葉を使ってお客様と接してきました。人にはかかりつけ医師がおり、風邪や体調不...

今日のコラムは凄く私事です。しかしながら友建の原点と思い投稿しました。バブルの煽りを受け16歳の終わりから私、山田は大工見習いになりました。途中、大学、大学院、と歩む事になりましたが、夜間の高校や大学に進み、大学院も授業以外は夜に学生をする事で、家造りに携わり続けました。...

友建では最近「かかりつけ大工」という言葉を使ってお客様とお話しさせて頂いています。出入りして頂いているデザイナーさんに頂いた言葉ですが、私のお気に入りです。  大工は昔から家を建てて、修繕し、改善して生涯家を守り続けるのが仕事でした。  私ども友建で顧客様が一番多いのが...

今日のコラムでは友建の取組みの一環である、大工の育成についてお話ししたいと思います。  私達大工の仕事は家を造る人(職人)と思って頂いてる方が多いと思います。 大工は昔、建てるだけでなく、建てた家を修繕し、改善し、その家を生涯守り続けるのが仕事でした。 しかしながら、近...

山田昌昭プロのその他のコンテンツ

Share

山田昌昭プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0568-65-9401

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田昌昭

株式会社友建

担当山田昌昭(やまだまさあき)

地図・アクセス

山田昌昭のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-07-06
facebook
facebook

山田昌昭プロのその他のコンテンツ