まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
山田昌昭

注文住宅の新築から大規模リフォームまで手がける大工職人

山田昌昭(やまだまさあき)

株式会社友建

お電話での
お問い合わせ
0568-65-9401

コラム

名古屋市昭和区 築120年以上建つ 古民家再生工事

友建の出来事

2015年1月29日 / 2015年1月30日更新


古民家再生工事 ①


 昨年年末に名古屋市昭和区にて古民家の再生工事が完了しました。

築年数が120年以上経っているという母屋の改修をしたいとご依頼を頂き、
2か月程の期間を使って調査をしていきました。
施工期間は4か月、次は離れを新築する事で庭までのトータル設計となります。

主なる建物部分以外に、長い歴史の中で改修や増築を繰り返しており、
複雑な状況からかなり難しい判断が必要な仕事でした。

築100年を越えた家はどうなんだろう??っと感じられる方が多いかと思います。
実は昔から建築に用いられている桧は、伐採してから200年強度を増し続け、
その後1000年程の年月をかけて強度が少しづつ下がると言われています。

実際に日本国内には1000年以上建ち続ける木造建築物が多く残っています。
日本の地に生きる木は強く、「杉(スギ)」や「楠(クスノキ)」は腐りにくく耐候性が強い為、舟に使われ、
桧(ヒノキ)は宮殿建設などに使われてきました。

弊社もこれから住宅の新築事業に力を入れていくにあたり、
地場の木材利用に力を入れたいと考えています。

今回のコラムでは今回の古民家再生での外部写真を張らせて頂きます。
その他の写真はギャラリーにてご確認ください。
http://mbp-aichi.com/yuken-daiku/gallery/13/

この記事を書いたプロ

山田昌昭

山田昌昭(やまだまさあき)

関連するコラム

山田昌昭プロのその他のコンテンツ

Share

山田昌昭プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0568-65-9401

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田昌昭

株式会社友建

担当山田昌昭(やまだまさあき)

地図・アクセス

山田昌昭のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-07-06
facebook
facebook

山田昌昭プロのその他のコンテンツ