まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛知
米津晋次

夜10時までお客様の相談に対応する税理士

米津晋次(よねづしんじ)

よねづ税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
052-621-6663

コラム

6月だけは給与明細をじっくり見てください!

その他の税金

2014年6月28日 / 2014年7月4日更新

こんにちは。名古屋の税理士 米津晋次です。

6月分の給料は支給されましたでしょうか。



給料明細は毎月ご覧になっていますか?

いつも給料明細をご覧にならない方も、今回は明細をじっくり見てください。


なぜなら・・・

いつもより手取り額が減っている方が多いからです。

奥様に言われる前にその理由を知っておいてください。





【理由1】
・住民税が6月分から変わるため。

 各都道府県および各市町村では、今年1月に勤務先から提出される昨年分の給与支払報告書や税務署から回ってくる昨年分の所得税の確定申告書に基づいて、住民税の計算を行います。

 ですから、この時期になって新年度の税額に変わるのです。

 昨年給与が増えた方や、扶養家族が減った方などは、1年前より住民税が上がっているため、手取り額が減っています。


【理由2】
・住民税がいつもより増税になっているため。

 じつは今年はさらに住民税が年1000円増税になっているのです。
 この増税は、東日本大震災の復興増税の一環で、個人が納める住民税に上乗せをしているのです。

 身近に感じやすい「消費税」の増税ばかりに目が向かってしまいましたが、このように6月から住民税が年1000円増税になっている事はあまり知られていません。

 それも今年だけでなく、10年間も続くのです。


詳細は、税理士米津晋次のミニコラムをご覧ください。

----------------------------------------------------------------
社員研修にも最適です。MGで楽しく経営力と経理を学んでみませんか。
毎月開催!■■ MG(マネジメントゲーム)体験研修 ■■
http://www.yonezu.net/management_game/taiken

この記事を書いたプロ

米津晋次

米津晋次(よねづしんじ)

米津晋次プロのその他のコンテンツ

Share